海事

国際海運GHGゼロエミッション プロジェクト

 世界有数の海運・造船大国である我が国としては、海上貿易や海事産業の持続的な発展を図りつつ、地球温暖化に対処するための国際的な取組みに積極的に貢献するべく、GHG排出削減のための国際的施策の策定・推進を主導していくことが重要です。  このため、我が国の産学官公の連携による「国際海運GHGゼロエミッション」プロジェクトを立ち上げました。本プロジェクトでは、省エネ・脱炭素分野等における世界の将来動向を見極めつつ、我が国の競争優位性を一層高めるために必要な技術開発課題、市場への影響を踏まえた国際基準やインセンティブ制度の在り方等を包括的に検討し、それらを戦略的に推進するための関係者の役割分担や作業計画を取りまとめます。

2018年度 第2回会議

日時:2018年10月4日(木)14:00~17:00
場所:AP新橋虎ノ門 Bルーム
配布資料:

2018年度第2回会議 議事次第

1.  タスクフォースの検討状況と今後の方針
2.  船舶設計タスクフォースの議論(非公表)
3.  船舶運航タスクフォースの議論(非公表)
4.  代替燃料タスクフォースの議論(非公表)
5.  海洋環境保護委員会第73回会合(MEPC73)の主な論点
6.  GHG関係の論点(非公表)


参考資料1  2018年度委員名簿
参考資料2  国際海運GHGゼロエミッションプロジェクトの設置について
参考資料3  第1回会合要旨
参考資料4  MEPC73 対策資料(非公表)
参考資料5  ISWG-GHG4 対策資料(非公表)

第2回会合 議論のポイント

お問い合わせ先

国土交通省海事局海洋・環境政策課環境渉外室今井、岩城、村上
電話 :(03)5253-8111
直通 :(03)5253-8118
ファックス :(03)5253-1644

ページの先頭に戻る