海事

コンテナ保守点検方法及び保守点検計画等の承認について

 2010年12月に採択された「安全なコンテナに関する国際条約(CSC:the International Convention for Safe Containers)(以下「CSC条約」という)」においては、CSC条約附属書1)(コンテナの試験、検査、承認及び保守に関する規則)が一部改正され、2012年1月1日より本規則が発効されております。 CSC条約附属書1)で規定するコンテナの保守点検については、船舶安全法施行規則第60条の4第4項の規定に基づく保守点検の方法の承認取扱い、及び、同条第5項の規定に基づく保守点検計画等の承認取扱いが規定されております。
 改正されたCSC条約に基づき、保守点検計画等が承認されている事業者は下記のとおりです。(平成27年4月1日時点)

 

承認を受けた事業者

J ACEP 番号

承認日

日本郵船株式会社

YT/8401

平成24年1月1日

川崎汽船株式会社

YT/8404

平成24年1月1日

株式会社商船三井

YT/8409

平成24年1月1日

カメリアライン株式会社

F/0810

平成24年2月28日

アルケマ吉富株式会社 FM/1394 平成25年3月18日
関光汽船株式会社 FS/1401 平成26年3月31日

お問い合わせ先

国土交通省海事局検査測度課
電話 :03-5253-8111(内線44175)
直通 :03-5253-8639
ファックス :03-5253-1644

ページの先頭に戻る