砂防

土砂災害防止法の概要

基礎調査の実施目標

土砂災害防止法に基づく「土砂災害防止対策基本指針」においては、「各都道府県は、おおむね5年程度で基礎調査を完了させることを目標として、完了予定年も含めた実施目標を速やかに設定する」こととなっています。

要配慮者利用施設の土砂災害対策

改正後の土砂災害防止法では、土砂災害警戒区域内の要配慮者利用施設(※)の所有者又は管理者に対し、避難確保計画の作成及び避難訓練の実施を義務付け、施設利用者の円滑かつ迅速な避難の確保を図ることとしています。 ※土砂災害防止法に基づき、市町村地域防災計画にその名称及び所在地が定められた要配慮者利用施設が対象です。

ページの先頭に戻る