下水道

官民連携による下水道資源有効利用促進制度検討委員会

2010年5月に策定された国土交通省成長戦略では、官民連携により下水道資源(下水汚泥、下水熱等)の有効利用を進めることとされております。
これを踏まえ、国土交通省では「官民連携による下水道資源有効利用促進制度検討委員会」(委員長:津野洋京都大学教授)を設置し、
官民連携による下水道資源有効利用促進に向けて、特にPFI事業、バイオガス、下水熱について課題を取り上げ、有識者、自治体、民間事業者等により議論を行いました。
2011年8月25日には、本委員会の検討結果を踏まえ、「下水道資源有効利用に関する提言」をとりまとめました。


○提言取りまとめ(平成23年8月25日)

 【議事概要】
 下水道資源有効利用に関する提言(概要) (2,380KB)PDF
 下水道資源有効利用に関する提言(本文) (1,714KB)PDF

 (参考)
 官民連携モデルケースにおける事業性の検討(概要) (442KB)PDF
 
 
○第3回検討委員会(平成23年8月3日)

 【議事概要】
  第3回検討委員会議事概要(110KB)PDF
 【議事】
 (1)下水道資源有効利用に関する提言(案)等について
 (2)その他
 
○第2回検討委員会(平成23年1月25日)

 【議事概要】
  第2回検討委員会議事概要(119KB)PDF
 【議事】
 (1)下水汚泥固形燃料化に関する官民連携機会拡大方策について
 (2)バイオガス利用に関する官民連携機会拡大方策について
 (3)民間事業者による下水熱利用推進に向けた環境整備について
 (4)今後のスケジュール


○第1回検討委員会(平成22年9月28日)

 【議事概要】
  第1回検討委員会議事概要(102KB)PDF
 【議事】
  (1)官民連携による下水道資源利用の必要性と課題
  (2)今後のスケジュール
 【配布資料】
  資料1     : 委員等名簿(112KB)PDF
  資料2     : 設置要綱(141KB)PDF
  資料3-1   : 官民連携による下水道資源利用の必要性と課題(7,899KB)PDF
  資料3-2   : 自治体取組 補足資料(2,365KB)PDF

 

Get ADOBE READER

(別ウインドウで開きます)

  PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
  左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
  Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

ページの先頭に戻る