下水道

下水道事業における長期収支見通しの推計モデル(通称:Model G)について

 我が国の下水道事業は、人口減少等による使用料収入の減少や施設の老朽化に伴う改築更新費の増大等が見込まれており、厳しい経営環境に直面しています。このような状況の中、漠然とした危機感を抱くだけでなく、まずは長期の収支見通しを定量的に把握することが経営の健全化に向けて重要と考えModel Gの構築を行いました。
 本モデルは、下水道事業経営における健全な経営及び適正かつ効率的な維持管理を実現するため、簡易な数値の入力のみで現状把握を行うことができるものであり、公共下水道、特定環境保全公共下水道、農業集落排水の3事業のモデルがあります。また、操作マニュアルに加え、具体の検討手順等を示した「経営改善方策検討におけるModel Gの具体的活用方法」も作成しておりますので、ご活用ください。
 なお、Model Gは下水道事業の長期的な傾向を捉えるという目的から、一定の仮定を置いて算出するものであり、推計結果の精度には一定の限界があることにご留意ください。
 
下水道事業における長期収支見通しの推計モデル(公共下水道)(4,800KB)
下水道事業における長期収支見通しの推計モデル(特定環境保全公共下水道)(3,652KB)
下水道事業における長期収支見通しの推計モデル(農業集落排水)(4,196KB)
下水道事業における長期収支見通しの推計モデル マニュアル(5,824KB)
経営改善方策検討におけるModel G の具体的活用方法(1,666KB)

下水処理場維持管理コスト分析ツールについて

 本ツールは、各自治体において、下水処理場維持管理コストの評価を容易に行い、改善すべき分野を明確にすることで効果的な改善施策につなげることができるものです。処理場単位で実際にかかっている維持管理コストと全国平均との比較や、類似の処理形態・同規模処理場の維持管理コストとの比較、さらに処理規模や処理形態を変えた場合の維持管理コストの推計などを行うことができるほか、本ツールによる推計値等を利用してModel Gを組み合わせて長期収支見通しに反映することも可能ですので、一つの参考としていただき、精度や妥当性については適宜ご判断の上、ご活用ください。

下水処理場維持管理コスト分析ツール(2,312KB)
下水処理場維持管理コスト分析ツール_マニュアル(591KB)
 

ページの先頭に戻る