総合的な交通体系を目指して

FF-Data(訪日外国人流動データ)

◆FF-Data(訪日外国人流動データ)について
 近年、訪日外国人旅行者数が大幅に増加しており、観光施策の立案や旅行商品の企画を行うためには、訪日外国人も含めた旅客流動の実態を正確に捉えることが必要です。
 そこで、今般、既存の統計調査で得られた情報の活用により、これまで秋期1週間に限って作成していた訪日外国人流動表を拡充し、訪日外国人の都道府県を越える国内流動に関して、四半期、年間での流動量の分析を行うことができるデータ(FF-Data:Flow of Foreigners-Data)を新たに作成しました。また、訪問地、国籍、目的、利用交通機関等のクロス分析や周遊に関する分析を可能としました。
 例えば、訪日外国人の一連の移動や利用交通機関等を定量的に分析することにより、観光戦略を立案する際に対象市場や効果的な連携先等の検討に役立ちます。
 
◆データの概要・利用上の注意等
 
 データの概要と利用例(PDF
 利用上の注意(PDF
 よくある質問(PDF
 リーフレット(PDF
 
◆分析例(運輸局ブロック別 ブロック内移動の交通機関分担率)

※地域ブロック:運輸局単位で集計
※出入国港からのアクセス・イグレス及び発着地不明を除き、国内訪問地間の流動を対象
(出典)FF-Data(2014年)より作成
 
◆集計表(Excel形式) 
 
 集計データファイル
   ●都道府県間流動表
     ○国籍別 国内訪問地間、入国空海港-国内最初訪問地間、国内最終訪問地-出国空海港間OD表
     ○交通機関別 国内訪問地間、入国空海港-国内最初訪問地間、国内最終訪問地-出国空海港間OD表
   ●公表用データベース
 
◆貸出用データベースについて
    貸出用データベースでは、ホームページで公表しているデータベースには含まれていない以下のサンプル情報が含まれております。
    ●サンプルの周遊ルート(トリップチェーン)が分析できるトリップ単位での情報
    ●サンプルの滞在日数・宿泊数
   そのため、貸出用データベースはサンプルベースのデータになっており、分析にあたっては、公表用のデータと比べて集計作業が複雑になります。

◆お問い合わせ
 調査結果や手法に関するお問い合わせ及び貸出用データベースの貸与のご希望については、下記までご連絡ください。
  
 国土交通省 総合政策局 総務課
    電話 03-5253-8111 (内線 53-114)
    E-mail:hqt-soukou@ml.mlit.go.jp

  • 全国幹線旅客純流動調査
  • 訪日外国人の国内流動の実態分析(FF-Data)
  • 総合交通分析システム(NITAS)
  • 地域のモビリティ確保支援
  • 総合交通メールマガジン
  • 地域のモビリティ確保の知恵袋
  • ICTを活用した歩行者移動支援の推進

ページの先頭に戻る