総合的な交通体系

主な施策

  • 地域のモビリティ確保に向けた施策推進(「地域のモビリティ総合サイト」)
  • 地域のモビリティ(移動の利便性)の確保は、一人一人のアクティビティ(活動量)の質と量を向上・拡大し、交流と連携を活性化することにより、「自立的な地域の形成」にもつながります。これは、国土形成計画の全国計画や広域地方計画においても基本的かつ重要な要素です。
  • このため、当室では地域のモビリティ確保に向けた取組を支援する施策を推進しており、施策の一環として、「地域のモビリティ総合サイト」により有益な情報を提供しています。

  • 旅客流動の実態調査(「全国幹線旅客純流動調査」)
  • 「全国幹線旅客純流動調査」は、全国の幹線交通を利用した旅客流動を把握するための調査です。
  • 1990年度に第1回調査を行って以来、これまで5年毎に調査を実施しています。
  • こちらに調査の概要、各種集計データの利用案内及びダウンロードについて、ご紹介しておりますので、ご利用ください。

  • 訪日外国人の国内流動の実態分析(FF-Data)
  • FF-Data : Flow of Foreigners-Dataの略称
  • 近年、訪日外国人旅行者数が大幅に増加しており、観光施策の立案や旅行商品の企画を行うためには、訪日外国人も含めた旅客流動の実態を正確に捉えることが必要であることから、訪日外国人の流動の分析が可能なデータを提供しています。

  • 総合交通分析システム(NITAS)
  • NITAS:National Integrated Transport Analysis System の略称
  • NITAS(総合交通分析システム)は、道路・鉄道・航空・船舶の各交通機関を組み合わせて総合的に交通体系の分析を行うシステムです。
  • 全国的な視点から地方レベルの課題まで様々な問題意識に対応して、交通基盤施設の現状や整備効果等を視覚的・定量的に表現することが可能です。

  • ICTを活用した歩行者移動支援の推進
  • 高齢者や障がい者、外国人旅行者なども含め、誰もが必要に応じて移動に関する情報を入手し、積極的に活動ができるユニバーサル社会の構築に向け、ICT(情報通信技術)等を活用した歩行者移動支援の取り組みを推進しています。

交流広場

  • 総合交通に関して、国や地方自治体などで様々な取組が行われています。
  • そこで、各地域の取組を紹介することで、情報交換等を通じたノウハウの共有等を促進するために、「交流広場」を設けています。

Get ADOBE READER

別ウィンドウで開きます

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

  • 全国幹線旅客純流動調査
  • 訪日外国人の国内流動の実態分析(FF-Data)
  • 総合交通分析システム(NITAS)
  • 地域のモビリティ確保支援
  • 総合交通メールマガジン
  • 地域のモビリティ確保の知恵袋
  • ICTを活用した歩行者移動支援の推進

ページの先頭に戻る