総合的な交通体系を目指して

歩行空間ネットワークデータ整備ツール(試行版)

印刷用ページ

 「歩行空間ネットワークデータ整備ツール(試行版)」(以下、「データ整備ツール」)は、歩行者の
ナビゲーションのために必要となる歩行空間における段差や幅員、勾配等のバリアフリーに関する
情報をデータ化した「歩行空間ネットワークデータ」を作成できるWebツールです。
 国土交通省では、バリアフリー・ナビプロジェクトとしてICTを活用した歩行者移動支援サービスの
普及を推進しており、同サービスに不可欠なバリアフリー情報のオープンデータ化を推進するため、
タブレット端末等で簡易に情報の入力・データ化を行うことできるデータ整備ツールを提供しています。


 
 

 
                   
                






  

   
 
                データ整備ツールの画面イメージ

データ整備ツールの概要・利用上の注意

 データ整備ツールを利用することにより、歩行空間ネットワークデータを作成することができます。
 なお、データ整備ツールは試行版であることから、国の機関、地方公共団体、大学等の研究機関に
限り利用できることとしています。

データ整備ツールの利用方法

  データ整備ツールは、以下の利用許諾書に同意し、国土交通省へ利用申請書を
提出いただいた方に提供しています。利用申請を行う前に必ず利用許諾書をお読みください。
 なお、データ整備ツールは無償で利用することができます。

お問い合わせ先

国土交通省政策統括官付
電話 :03-5253-8794(直通) メール:info@hokoukukan.go.jp

ページの先頭に戻る