公園とみどり

都市公園におけるバリアフリー化・ユニバーサルデザインについて

 
 都市公園のバリアフリー化については、平成18年12月に施行されたバリアフリー法において一定の公園施設の新設時等に基準適合義務を課すことを規定し、社会資本整備総合交付金等により、地方公共団体等の取り組みを支援しています。 

 また、「移動等円滑化の促進に関する基本方針」の一部改正(平成23年3月)により、平成32年度末を期限としてより高い目標が設定されたこと等を踏まえ、ハード面でのバリアフリー化整備とともに、管理運営に関する取り組みの一層の推進を図るため、「都市公園の移動等円滑化整備ガイドライン」の改訂を行いました。

■ バリアフリー法の都市公園関連条文 は こちら (PDFファイル、178KB)

■ 都市公園の移動等円滑化整備ガイドライン(改訂版)は こちら (PDFファイル、3.8MB)


<参考)>バリアフリー新法の説明HP

ユニバーサルデザイン2020行動計画の推進について

 
 政府は、平成29年2月20日にユニバーサルデザイン2020関係閣僚会議を開催し、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として、ユニバーサルデザイン化・心のバリアフリーを推進し、大会以降のレガシーとして残していくための施策を実行するため、「ユニバーサルデザイン2020(行動計画)」をとりまとめました。
 行動計画において、都市公園分野における具体的な取組として、「競技会場の周辺エリア等における都市公園のバリアフリー化の推進」が位置づけられました。
 本ページでは、行動計画の推進に関する取組を、随時公開していきます。

◆ 2020年までに移動等円滑化基準への適合を図る36公園を選定しました。
 競技会場となる都市公園や外国人が多く訪れる主要な観光地周辺の都市公園を国・都・区による連絡調整会議により選定しました。今後、2020年までに移動等円滑化基準への適合を図ります。
・選定公園リスト(PDF)
・選定公園位置図(PDF)
・各公園の概要(PDF)
  • 参考資料等
・ユニバーサルデザイン2020行動計画(PDF)
・ユニバーサルデザイン2020関係閣僚会議(首相官邸ホームページ)
リンク先↓ 
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/ud2020kkkaigi/index.html

ページの先頭に戻る