都市交通調査・都市計画調査

全国都市交通特性調査

全国都市交通特性調査(全国PT調査)とは

 全国都市交通特性調査(旧全国都市パーソントリップ調査:以下、全国PT調査)は、「全国横断的」かつ「時系列的」に都市交通の特性(外出率、トリップ原単位、交通手段分担率等)を把握する調査です。
 類似の調査として、地方公共団体が実施する都市圏パーソントリップ調査がありますが、調査実施のタイミングは都市交通マスタープランの策定時期によるため、各都市圏によって異なります。したがって、同一年の比較による全国横串を刺した分析は困難です。そこで、全国PT調査では、国土交通省が実施主体となり、都市圏規模別に抽出した対象都市に対して、5年に1度、全国一斉に調査を実施しています。

          

全国都市交通特性調査と都市圏パーソントリップ調査の規模感の違い

 全国PT調査は、主要な都市交通特性値(外出率、一人当たりトリップ数、目的別トリップ数、交通手段分担率 等)を全国横串で比較をすることが目的であるため、サンプル数はこれらの値を把握するのに必要な数に絞っています。このことで、全国一斉の調査を効率的に実施できる一方、都市圏パーソントリップ調査で把握している都市圏内の「どこから、どこへ行ったのかという総量(OD量)」は把握ができないという留意点があります。
 都市圏パーソントリップ調査では都市圏人口に対して数%のサンプル数が必要であるのに対して、全国PT調査ではどの都市も一律500世帯に設定しています(例えば、50万世帯が暮らす都市であれば、都市圏パーソントリップ調査では数万世帯を取得する必要がありますが、全国PT調査では500世帯で済みます)。2015年調査で必要なサンプル数は、全国70都市の合計でも3.5万世帯です。

データ活用のご案内(どなたでもお使いいただけます)

 国交省都市局では全国PT調査結果について、さまざまなデータを公開しています。詳細は「全国PT調査活用チラシ」ご覧ください。
 
 全国PT調査活用チラシ
                

お問い合わせ先

国土交通省都市局 都市計画課 都市計画調査室
電話 :(03)5253-8111
直通 : (03) 5253-8411

ページの先頭に戻る