建設産業・不動産業

平成26年度構造実態調査の調査結果について

建設業構造実態調査は、建設業を取り巻く環境の変化等も踏まえ、建設業の基本的な産業構造及びその中長期的変化を的確に把握することにより、建設業の構造改善に向けた施策の企画・立案に当たっての基礎資料を得ることを目的としています。平成26年度調査については、建設業許可業者(約50万社)の中から、約1.3万社を抽出して調査を行いました。この度、調査結果をとりまとめましたので公表いたします。

ページの先頭に戻る