建設産業・不動産業

専門工事企業の施工能力の見える化等に関する検討会


 建設業は、近い将来、高齢者の大量離職が見込まれることから、中長期的な観点からの担い手の確保・育成とともに、建設工事に係る施工水準の確保が課題となっています。そのため、人材育成等に取り組み、施工能力等の高い専門工事企業が、適正に競争するための客観的な指標等を提供することで、これらの企業の受注機会の拡大を図り、ひいては建設技能者の処遇改善や人材投資の好循環を生み出すことが重要となっています。
   本年秋には、建設技能者の就業履歴や保有資格を業界統一のルールで蓄積し、個々の技能者が経験や技能に応じて適正に評価され、その処遇の改善が図られる環境を整備するための仕組みである「建設キャリアアップシステム」が運用開始される予定です。
   昨年度、「建設技能者の能力評価のあり方に関する検討会」が設置され、建設技能者の能力評価制度の策定に向けた具体的な検討を経て、本年3月27日に「中間とりまとめ」が行われました。
   今般、学識経験者や建設業関係団体から構成される「専門工事企業の施工能力の見える化等に関する検討会」を設置し、建設技能者の能力評価制度について更なる検討を行うとともに、専門工事企業の施工能力等について、「見える化」する目的や、項目・内容、運営主体等について検討を行い、各専門工事業共通の枠組みを構築することを目指します。


 【開催状況】   
  〇第1回検討会(平成30年4月26日)   議事次第、座席表、配付資料一覧、資料1~4     資料5~7     資料8~12,参考資料


 【委員名簿】  
  専門工事企業の施工能力の見える化等に関する検討会 委員名簿

お問い合わせ先

国土交通省土地・建設産業局建設市場整備課
電話 :03-5253-8111(内線24814、24829)
直通 :03-5253-8282
ファックス :03-5253-1555

ページの先頭に戻る