建設産業・不動産業

建設関連業の概要

 平成22年3月にとりまとめた「建設関連業の課題と展望」(座長:小澤一雅 東京大学大学院教授)では、建設関連業における技術力の承継のための人材確保・育成のための取り組みが急務となっており、以下の2点に取り組むべきとの指摘がありました。
 1)建設関連業においては、労働環境が厳しく、経営環境が厳しい中で、若手技術者が減少し、技術・技能の承継が困難となっており、技術力承継のため、国・業界・大学・関連学協会が連携し、学生等を対象としたセミナーの開催等の情報発信に取り組むべき。
 2)若手技術者の就労が進まない要因として、建設関連業が社会的に認知されておらず、関心が持たれていないといった側面が考えられ、業界の積極的なPRにより、社会的認知度を向上させるべき。
 このため、建設関連業における社会的認知度の向上及び人材確保に寄与することを目的として、就労前の学生等を対象に建設関連業の果たす社会的役割及び業務内容等についての紹介をしています。

建設関連業とは

・道路、河川、ダム、橋梁などの公共施設は、調査・計画・設計・施工・監理などの一連の業務の過程を経て建設されます。
・これらの業務は、国や都道府県などの事業主体から発注され、工事(施工)の部分は建設業によって担われるとともに、工事に先だって必要となる調査、計画、設計などの業務は測量業者、地質調査業者、建設コンサルタントによって担われています。
・測量業者、地質調査業者、建設コンサルタントをまとめて、建設関連業と称しています。

● 公共事業における建設関連業の位置づけ
● 建設生産工程において建設関連業が担う役割
● よくある質問

建設関連業の社会的認知度向上のための取り組み

建設関連業の概要等については、以下の通り、紹介しています。
ぜひご参照ください。


建設関連業の技術者たち  (建設関連業紹介チラシ)


※データ容量が大きいため、対象を右クリックし、デスクトップ等に保存の上、閲覧することをお奨めします。

 

内容 作成者 容量
土木分野での建設関連業の役割 国土交通省土地・建設産業局建設市場整備課 1MB
社会資本の写真集(参考) 2MB
測量業の業務概要 (一社)全国測量設計業協会連合会 7MB
建設コンサルタントの業務概要 (一社)建設コンサルタンツ協会 3MB
地質調査業の業務概要 (一社)全国地質調査業協会連合会 4MB

(最終更新日:平成28年2月3日)

 

Get ADOBE READER

(別ウインドウで開きます)

  PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
  左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
  Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

お問い合わせ先

国土交通省土地・建設産業局建設市場整備課
電話 :03-5253-8111(内線24813、24816)

ページの先頭に戻る