土地・建設産業

土地動態調査

土地動態調査とは
土地動態調査とは、企業の土地の所有、利用状況等の実態を把握し、土地政策に必要な基礎資料を整備することを目的とした調査です。
この調査は、昭和48年から平成24年まで毎年実施していた「企業の土地取得状況等に関する調査」の後継に当たる調査であり、平成25年は「平成25年法人土地・建物基本調査」の一環として実施しました。

平成29年土地動態調査 ご回答への御礼とお願い
平成29年7月から実施している本調査について、現在まで多くの皆様からご回答を頂いており、厚く御礼申し上げます。調査結果は統計的に処理したうえで、総合的な土地政策の推進のための重要な資料として活用させていただきます。
まだご回答がお済みでない皆様につきましては、引き続き調査票を受け付けておりますので、ご多忙中大変恐縮ではございますが、本統計及び統計法の趣旨をご理解いただき、ご回答をお願い申し上げます。

調査の結果

 平成28年調査(平成27年分)(PDF)
 平成27年調査(平成26年分)(PDF)
 平成26年調査(平成25年分)(PDF)

統計表
統計表につきましては、e-Stat(政府統計の総合窓口)にてEXCELファイルで提供しています。
 → e-Stat(政府統計の総合窓口)

お問い合わせ先

国土交通省 土地・建設産業局 企画課
電話 :03-5253-8111(代表)(内線30-242,243)

ページの先頭に戻る