国際会議の開催効果拡大実証事業~実証国際会議の二次募集を開始します~

最終更新日:2024年4月15日

 観光庁では、国際会議の開催効果拡大の実証のため、対象となる国際会議を募集します。 国際会議の単なる開催にとどまらず、都市間の連携や多様なステークホルダーとの連携を通じ、開催地外への誘客やビジネス交流の創出等といった、開催効果をより一層の拡大させるため、今までにない新しい発想での連携の仕組みを構築し、先駆モデルの創出を図ります。

国際会議の開催効果拡大実証事業~実証国際会議の二次募集を開始します~

募集概要

対象国際会議:日本国内にて2日間以上での会期で開催され、
       少なくとも日本を含め3つの国/地域から50名以上の現地参加を見込む
       国際会議における実証事業を行い、
       本募集要項に記載されている事項を全て承諾の上、実施できる当該国際会議。
      :2024年6月14日~2024年12月末日までにその会期が終了する国際会議
       ※詳細は募集要項を確認してください。

募集する取組:都市間の連携や多様なステークホルダーとの連携を通じ、
       開催地外への誘客やビジネス交流の創出等といった、
       開催効果を拡大させるための新規性の高い取組

応募〆切  :令和6年5月16日(木)12:00

応募先   :令和6年5月16日(木)12:00までに下記にメールにて応募ください。
          ■Eメール r6jta001@pripress.co.jp

選定結果発表予定日:令和6年6月上旬頃(6月に開催する案件に関してはご理解のうえご応募ください)

各種書類

Q&A

 お問い合わせいただいた内容をこちらで順次更新していきます。

お問い合わせ

「募集要項」および「Q&A」をご確認いただいた上でのご質問は下記まで。
【国際会議の開催効果拡大実証事業事務局】
 ■問い合わせ電話番号 080-7564-8017
 ■問い合わせEメール r6jta001@pripress.co.jp

参考

 選定においては、一次募集採択案件を含め、実証プログラムの内容、国際会議の規模、開催地の特徴等、多様性の確保を考慮することがあります。
 例えば、エクスカーション・テクニカルビジットといったプログラムは一次募集で多く採択されおり、新規性・多様性の面で評価が低くなる場合があります。他方、地域間のコンベンションビューロー同士の連携が強い案件は少なく、新規性・多様性の面で優位になる場合があります。
 また、課題設定や、継続性などの取組を具体的に記載されていない場合採点が低くなる傾向があります。

報道・会見

このページに関するお問い合わせ

観光庁 参事官(MICE)
電話:03-5253-8111(内線27-608)