ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2022年 > 「宿泊施設を核とした観光地のDX推進に向けた実証事業」の選定事業を公表します。
ページ本文

「宿泊施設を核とした観光地のDX推進に向けた実証事業」の選定事業を公表します。

印刷用ページ

最終更新日:2022年10月26日

 地域の観光産業・旅行消費の核となる宿泊施設においては、顧客や会計等のデータを管理する様々なITツールを導入しているものの、それらの活用は宿泊施設内に留まり、宿泊施設が持つデータ等が地域の観光関係事業者等と連携していないことにより、データを活用した分析・戦略に基づく地域全体としての施策に取り組めていないという課題があります。
 この課題に対し、宿泊施設及び地域の観光関係事業者等がデータを活用し連携強化を図ることで、地域の観光関係事業者間での相乗効果や、地域全体の収益最大化が期待できるだけでなく、宿泊客にとっても宿泊前後の周遊・飲食・購買活動等、地域内での活動における利便性が高まることとなります。
 こうした観点を踏まえ、本事業では、宿泊施設が核となってDX技術を活用し、地域の観光関係事業者等との連携を通じ、地域全体での収益力向上を目指す実証事業を行います。

選定事業の公表

多くの応募をいただいた中から、観光分野やデジタル分野に知見を有する有識者の審査を経て、11の事業を決定しましたので公表します。
なお、選定結果に関する個別のお問い合わせには対応いたしかねますので、ご了承ください。

※申請主体名の50音順
No. 応募事業名 申請主体名
福島県福島市 飯坂温泉地区 DX・顧客データ活用推進事業 飯坂温泉旅館協同組合
泉街情報共有によるお客様滞在価値向上と地域売り上げの向上の両立 株式会社銀山荘
PMSの周辺システム接続における汎用フォーマットの検証事業 仙台ヘリテージツーリズム株式会社
宿泊予約と既存の体験コンテンツ予約システムの連動による滞在日数と観光消費拡大に向けた実証事業 一般社団法人高千穂町観光協会
宮島中江町エリアにおける宿泊地を主とした観光DX 株式会社地域創生Coデザイン研究所
宿泊施設のPMS連携と地域プラットフォームシステムの構築による天童温泉の観光DX実証事業 天童温泉協同組合
宿泊データ自動連携×地域の生産性向上=地域全体で消費額UP! 那須温泉旅館協同組合
攻めのスポーツ市場誘致のためのワンストップサービス構築に向けたDX事業 NPO法人沼津観光協会
[おもてなしを科学する] エリアDXの推進による山ノ内町全体の高付加価値化事業 株式会社ヒューマンアグリ
10 栗原地域サスティナビリティステイDX実証事業 株式会社ゆめぐり
11 PMSを中心とした温泉宿泊施設を取りまとめる宿泊ミドルウェア導入を目指した実証実験 米沢八湯会

参考

公募要領等、事業の詳細については以下のページをご確認ください。
「宿泊施設を核とした観光地のDX推進に向けた実証事業」の公募を開始します。
このページに関するお問い合わせ
観光庁 観光産業課
代表:03-5253-8111(内線:27-313)
直通:03-5253-8330

FAX:03-5253-1580