下水道

令和5年度下水道革新的技術実証事業の公募を開始します

 国土交通省は、下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト※1)として、実規模レベルの施設を用いて実証する「実規模実証」と実処理場等において普及可能性等の調査を行う「FS調査」の公募を開始します。
 ※1 B(ビー)-DASH(ダッシュ)プロジェクト:Breakthrough by Dynamic Approach in Sewage High Technology Project
 ※2 FS調査:Feasibility Study(導入可能性調査) 

1.公募テーマ
<実規模実証>
 [1]発酵熱を利用した効率的なコンポスト化技術
 [2]汚泥付加価値向上のための超高温炭化技術
<FS調査>
 [1]下水処理場の高効率雨天時運転支援技術
   [2]生物膜を用いた排水処理の省エネ、N2O発生抑制技術
 
2.事業実施期間(予定)
 契約締結の翌日から令和6年3月31日
 
3.応募書類の提出期限
 令和5年2月14日(火) 12時
 
4.審査方法
 応募案件の審査等の透明性、公平性を確保するため、有識者委員会において審査を行います。有識
者委員会において、あらかじめ定めた審査基準に基づき、応募書類の審査を行います。
 
5.事業説明書の交付
 以下のとおり事業説明書を交付しますので、公募内容の詳細について確認ください。
(1)期間:令和5年1月17日(火)~令和5年2月14日(火)12時まで
(2)受付:公益財団法人 日本下水道新技術機構
      資源循環研究部 後藤、角田、熊野
      E-mail:h-gotou(a)jiwet.or.jp、f-kakuta(a)jiwet.or.jp、t-kumano(a)jiwet.or.jp
      ※(a)を@に置き換える。
(3)方法:以下の記載方法にて、(1)の期間内に(2)の受付の3名にE-mailにて申し込んでください。受付確認後、データにて配付します。
      (記載方法)
       件名:B-DASH事業説明書の請求
       本文:社名、所在地、所属、役職名、氏名、電話番号及び公募資料「2.公募対象技術」
        ※紙媒体をもって手交による交付は行いません。

6.継続事業
 継続事業については、令和4年度に採択されたものに限り採択することとし、公募内容は次のとおり。
<実規模実証>
 [1]AIを活用した水処理運転操作の最適化支援技術
 [2]分流式下水道の雨天時浸入水量予測及び雨天時運転支援技術
 [3]深槽曝気システムにおける省エネ型改築技術
 [4]最初沈殿池におけるエネルギー回収技術

 ※公募資料及び応募様式電子データ(事業説明書抜粋)については、こちらに掲載しております。

お問い合わせ先

国土交通省 水管理・国土保全局下水道部 下水道企画課 下水道国際・技術室課長補佐 西郷 進也、環境技術係長 金井 容秀
電話 :03-5253-8111(内線34134)
直通 :03-5253-8803
ファックス :03-5253-1596

ページの先頭に戻る