報道・広報

『営繕積算方式』活用マニュアルを改訂しました
~公共建築工事の適正な予定価格の設定をサポート~

令和3年4月23日

 国土交通省では、適正な予定価格の設定や適切な契約変更など、円滑な施工確保のための各種取組について解説した『営繕積算方式』活用マニュアルを作成しています。
 今回、円滑な施工確保対策や新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策など新たな課題への対応について、記載を追加し内容を充実させました。今後、様々な機会を捉えて他の公共発注機関に対し情報提供等することで、「営繕積算方式」の普及・促進を図ります。
 ※ 公共建築工事の発注者が、「公共建築工事の品質確保の促進に関する法律」で発注者責務とされている適正な予定価格の設定等に活用できるよう、国の統一基準である公共建築工事積算基準とその運用にかかる各種取組を解説したもの

1.改訂の概要
 (1)円滑な施工確保対策に関する記載内容の充実
   公共建築工事の円滑かつ着実な施工に有効と考えられる工事費積算上の対応について整理し、以下の内容に関する記載を追加
    ・ 工事量が少量、僅少の場合の単価補正等
    ・ 工事の一時中止に伴う増加費用

 (2)新たな課題への対応
   新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策など、新たな課題に対する工事費積算上の対応について整理し、以下の内容に関する記載を追加
    ・ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策(積算関係)
    ・ 熱中症対策に係る費用の計上
    ・ 労災補償に必要な保険契約における保険料の費用等の計上
    ・ 墜落制止用器具(フルハーネス型)の原則化に伴う対応
    ・ 営繕工事における週休2日促進工事(積算関係)

2.普及・促進に向けた今後の取組み
 ○ 本マニュアルについては、地方整備局等へ通知するとともに、都道府県・政令指定都市へ参考送付します。
 ○ 各種会議や公共建築相談窓口における個別相談対応等、様々な機会を捉えて他の公共発注機関に対し広く情報提供することで、普及・促進を図ります。
   【HPアドレス】『営繕積算方式』活用マニュアル https://www.mlit.go.jp/gobuild/gobuild_tk2_000009.html

添付資料

報道発表資料(PDF形式)PDF形式

お問い合わせ先

国土交通省大臣官房官庁営繕部計画課営繕積算企画調整室  城澤、福田
TEL:(03)5253-8111 (内線23243、23245) 直通 03-5253-8236 FAX:03-5253-1542

Get ADOBE READER

別ウィンドウで開きます

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

ページの先頭に戻る