土地・建設産業

不動産鑑定士試験 試験制度の概要

  不動産鑑定士は、不動産の鑑定評価に関する法律により規定された国家資格であり、不動産の鑑定評価に関する高度の専門職業家として、不動産の鑑定評価を行うために必要な資格です。
  不動産鑑定士になるためには、試験に合格し実務修習を修了した上で、登録を受ける必要があります。

不動産鑑定士とは

  • 不動産鑑定士は、国土交通大臣又は都道府県知事の登録を受けた不動産鑑定業者に所属し、不動産の鑑定評価や不動産の客観的価値に作用する諸要因に関する調査や分析、不動産の利用、取引若しくは投資に関する相談に応じる業務を行うほか、不動産会社、金融機関、Jリートの資産運用会社等企業内の不動産関連部門においても専門知識を活用した業務を行っています。
 
  • 不動産鑑定士となるためには、国土交通省土地鑑定委員会が実施する不動産鑑定士試験(短答式及び論文式による試験)に合格し、かつ、一定期間の実務修習のすべての課程を修了し、さらに国土交通大臣による実務修習を終了したことの確認を受ける必要があります。
    不動産鑑定士試験の短答式試験に合格した場合、以後2年間の短答式試験が免除され、直接論文式試験を受けることができます。

     
     不動産鑑定士の魅力発信企画  資格取得後の道を紹介します
     

不動産鑑定士になるまで

  • 「私たち不動産鑑定士です」(平成29年6月発行)

  高画質版(10.3MB)PDFファイル 簡易版(3MB)PDFファイル
 

  • 「不動産鑑定士という選択」(平成29年2月公開)
 <動画は下記URLにて公開しています(再生時間は約7分です)>

 国交省政策チャンネル
 (http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/channel.html)

不動産鑑定士試験

不動産鑑定士試験について、紹介します。
詳細はこちら

実務修習

実務修習は、不動産鑑定士試験の合格者に対して、不動産鑑定士となるのに必要な技能及び高等の専門的応用能力を修得させるため、国土交通大臣の登録を受けた実務修習機関が実施しています。
詳細はこちら

お問い合わせ先

国土交通省 不動産・建設経済局 地価調査課 鑑定評価指導室
電話 :03-5253-8111(内線30653)

ページの先頭に戻る