官庁営繕

歴史的建築物の保存・活用事例

歴史的官公庁施設等 保存・活用事例リスト<H28.8更新>

 歴史的公共建築は、豊かな街並みを形成すると共に地域のランドマークとして存在し、地域の個性的な魅力を形成する重要な要素の一つとなっています。
 一般的な建築物は、経年による老朽化によって耐久性が落ちたり、施設に求められる機能性の低下がみられるようになります。その一方で時間の経過とともに、歴史的価値観の向上や市民の愛着が深まるなど、多様な建物の価値が顕在化してきます。経年によって機能が低下した施設を建替えるだけではなく、その多様な価値を認めたうえで保存・活用するという考えに基づいて、歴史的建築物の保存や積極的な活用についての取り組みを実施しています。
 国土交通省官庁営繕では、歴史的・文化的な多様な価値を有する歴史的建築物について、その建築物の個性を活かしつつ魅力を引き出し、より効果的に活用できるような整備を推進しています。

  ◇ 迎賓館
  ◇ 中央合同庁舎第6号館 赤れんが棟 
  ◇ 横浜第二地方合同庁舎 
  ◇ 新宿御苑 旧洋館御休所 
  ◇ 京都御苑 拾翠亭 (復原保存) 
  ◇ 国立国会図書館 国際こども図書館(免震レトロフィット)  
  ◇ 横浜税関 本関
  ◇ 海上保安大学校 煉瓦ホール  
  ◇ 総理大臣公邸(免震レトロフィット) 
  ◇ 京都御苑 旧閑院宮邸跡 
  ◇ 京都御苑 堺町御門 
  ◇ 横浜地方気象台 
  ◇ 彦根地方気象台 
  ◇ 神戸地方・簡易裁判所(部分保存) 
  ◇ 神戸税関 本関(部分保存)
  ◇ 横浜地方・簡易裁判所(部分保存)
  ◇ 中央合同庁舎第7号館 保存棟(部分保存)
  ◇ 国立西洋美術館 本館(免震レトロフィット) 
 

お問い合わせ先

国土交通省 大臣官房官庁営繕部 整備課
電話 :(03)5253-8111

ページの先頭に戻る