北海道

北海道総合開発計画について

 北海道総合開発計画は、北海道開発法に基づき、北海道の資源・特性を活かして我が国が直面する課題の解決に貢献するとともに、地域の活力ある発展を図るため、国が策定する計画です。
平成28年3月29日、8期目となる北海道総合開発計画が閣議決定されました。

【計画策定の背景】
 本格的な人口減少時代の到来、アジア市場を始めとしたグローバル化の更なる進展、東日本大震災など、北海道開発をめぐる情勢が大きく変化しており、「国土のグランドデザイン2050」のとりまとめ、「国土形成計画(全国計画)」の見直し等も踏まえ、北海道総合開発計画を前倒しで改定することとしました。

【計画策定の経緯】
 平成27年1月30日、新たな計画の策定について国土審議会に諮問し、北海道開発分科会及び分科会に設置された計画部会において調査審議を進めてきました。
 北海道開発分科会についてはこちら
 北海道開発分科会計画部会についてはこちら

 また、計画の策定に際し、地域の課題解決・活性化に携わる方々から広く御意見をお伺いするため、「北海道価値創造パートナーシップ会議」を全道各地で開催しました。さらに、広く国民の皆様からの意見を聴取するため、パブリックコメントを実施しました。
 「北海道価値創造パートナーシップ会議」についてはこちら
 パブリックコメントについてはこちら
 

計画の概要

 この計画では、北海道の強みである「食」と「観光」を戦略的産業として育成し、豊富な地域資源とそれに裏打ちされたブランド力など、北海道が持つポテンシャルを最大限に活用することにより、2050年の長期を見据え、「世界の北海道」を目指します。
計画期間においては、「生産空間」を支えるための重層的な機能分担と交通ネットワーク強化、農林水産業の競争力・付加価値の向上及び世界水準の魅力ある観光地域づくり、地域づくり人材の発掘・育成を重点的な取組としています。

(計画の期間) 2016(平成28)年度からおおむね2025(平成37)年度まで

計画のキャッチフレーズと3つの目標

計画のキャッチフレーズと目標

計画推進部会(平成28年11月17日設置)

 計画推進部会の詳細はこちら

第8期北海道総合開発計画のモニタリング報告書

 計画の進捗状況を把握するための基礎資料となる人口、経済、社会等に関する各種指標の動向をとりまとめました。

 第8期北海道総合開発計画のモニタリング報告書(平成29年3月)

計画の広報

・新たな北海道総合開発計画に関するシンポジウム「新たな北海道総合開発計画の推進~世界水準の価値創造空間の形成をめざして~」

 新たな計画の実現に向けて、関係者が食・農業、観光等において持つべき様々な視点・課題を共有し、気運醸成を図ることを目的として、札幌市でシンポジウムを開催しました。

  新たな北海道総合開発計画に関するシンポジウム《平成28年5月17日開催》

ページの先頭に戻る