航空

用語集

A~C
   
ABN (Aerodrome Beacon:飛行場灯台)
航行中の航空機に飛行場の位置を示す灯火。
ACC (Aera Control Center:航空路管制機関)
管轄する管制空域内を飛行する航空機に対して、航空路管制業務、進入管制業務等を実施する機関。
ACARS (Aircraft Communication Addressing and Reporting System:航空機空地データ通信システム)
データ通信により航空機と地上管制機関との間で情報交換を行うシステム。
ADEX (ATC Data Exchange System:管制データ交換処理系)
統合管制情報処理システムを構成する処理系の一つ。航空機と管制官又は管制システムとの間での空地データ通信機能、国内管制官と外国管制機関との間での地対地データ通信機能を提供するための情報処理を行う。
ADS (Automatic Dependent Surveillance:自動位置情報伝送・監視機能)
航空機の航法システム(INS等)から得られる航空機の位置情報を、空―地データリンクで自動的に管制システムに伝送し、それを「レーダーのごとく」表示装置に表示して、航空機を監視する機能。
AFTN (Aeronautical Fixed Telecommunication Network:国際航空固定通信網))
A/G (Air to Ground Radio:対空通信)
AGL (Approach Guidance Lights:進入路指示灯)
離陸した航空機にその離陸後の飛行経路を、または着陸しようとする航空機にその最終進入経路あるいは最終進入の経路に至るまでの進入経路を指示する灯火でRAI とRLLS以外のもの。
AIC (Aeronautical Information Circular:航空情報サーキュラー)
情報の性質又は時期的な理由から航空路誌への掲載、ノータムの発行等には適さないが、航空情報として公示する必要のあるもので、飛行の安全、航空航法その他の技術的、行政的又は法律的事項に関する説明的、助言的な性格の情報。
AIDC (ATS Interfacility Data Communications)
2つのATSユニット間のATC情報を交換するアプリケーション。
AIP (Aeronautical Information Publication:航空路誌)
国が発行する出版物であり航空機の運航のために必要な恒久的情報を収録する。収録内容の恒久的変更は航空路誌改訂版により、また、一時的変更等は航空路誌補足版により行われる。
AIRAC (Aeronautical Information Regulation and Control:エアラック)
運航規程等の変更を必要とするような運航上重要な航空情報を世界的に統一された有効日に合わせて有効となるような有効日の少なくとも28日前に配布先に届くように作成される方式を意味し、航空路誌改訂版及び航空路誌補足版の冒頭にAIRACと付される。
ALB (Approach Light beacon:進入灯台)
着陸しようとする航空機に進入区域内の要点を示す灯火。
ALS (Approach Lighting System:進入灯)
標準式進入灯火(PALS)と簡易式進入灯(SALS)の総称。
ARSR (Air Route Surveillance Radar:航空路監視レーダー)
ARSRは電波を用いて航空機の位置を検出する他、信号の送受信を行うことにより、高度や識別信号などの情報を取得し、航空機の誘導及び航空機相互間の間隔設定等レーダーを使用した航空路管制業務に使用される。
ARTS (Automated Radar Terminal System:ターミナルレーダー情報処理システム)
ASDE (Airport Surface Detection Equipment:空港面探知レーダー)
空港地表面の航空機や車両等の動きを監視し、それらの交通の安全を図るための高分解能レーダーで、飛行場管制業務に使用される。
ASM (Air Space Management:空域管理)
空域、飛行経路、飛行方式の設計及びそれらの利用に関する関係者との調整などを行うことにより空域の安全かつ効率的な利用を図る業務。
ASR (Airport Surveillance Radar:空港監視レーダー)
空港から約110Km以内の空域にある航空機の位置を探知し、出発・進入機の誘導及び航空機相互間の間隔設定等ターミナルレーダー管制業務に使用される。
ATC (Air Traffic Control:航空交通管制)
航空機相互間または航空機が飛行する空域における航空機と障害物との間の衝突を防止し、また航空交通の秩序ある流れを形成することを目的としている。
ATFM (Air Traffic Flow Management:航空交通流管理)
飛行経路の調整、飛行計画の承認及び交通流制御などの実施により安全で秩序正しく効率的な航空交通流を形成する業務。
ATIS (Automatic Terminal Information Seurvice:飛行場情報放送業務)
飛行場に発着する航空機を対象に提供される、当該飛行場の進入方式、使用滑走路、飛行場の状態、気象情報等に関する情報。
ATM (Air Traffic Management:航空交通管理)
航空機運航の全ての段階において安全且つ効率的な運航を確保するために必要とされる空域管理、航空交通流管理及び航空交通業務の総称。
ATMセンター (Air Traffic Management Center:航空交通管理センター)
空域の適正な利用及び安全かつ円滑な航空交通の確保を目的として、全国の空域の一元的管理、航空交通流の監視及び調整並びに洋上空域における航空交通業務等を行う機関。
ATN (Aeronautical Telecommunication Network:航空通信網)
機上通信システム、空地データリンク、地上通信システム間を相互に接続する手段であり、特定のシステム間における通信(エンド・トゥ・エンドの通信)を行う際、ユーザ側が伝送等を意識せずに、効率的かつ経済的にデータ通信を行うもの。
ATS (Air Traffic Services:航空交通業務)
航空交通管制業務、飛行情報業務及び警急業務の総称。
AMHS (ATS Message Handling Services:国際航空交通情報通信システム)
AMSS (Aeronautical Mobile Satellite Service:航空移動衛星業務)
CADIN (Common Aeronautical Data Interchange Network:航空交通情報システム)
CGL (Circling Guidance Lights:旋回灯)
滞空旋回中の航空機に滑走路の位置を示す灯火。
CIQ (Customs,Immigration,Quarantine:税関、出入国管理、検疫)
CNS (Communication,Navigation,Surveillance:通信・航法・監視)
CNS/ATM(AIS)データベース ノータム、ノータムのグラフィック情報、電子AIP等の航空情報をインターネット上で閲覧可能とするとともに世界共通様式でデータ交換を実現するシステム。
CPDLC (Controller-Pilot Data-Link Communications:管制官パイロット間データ通信)
音声通信に代わる管制官とパイロットとの間のデータリンク通信をいう。
CWP (Central West Pacific:中西部大平洋(主要世界航空路区域の一つ)


 
D~M
   
DARP (Dynamic Airborne Reroute Procedure)
運航管理者が最新の気象状況等に基づき飛行中の航空機に対して最適な新ルートを計算し、航空機からの要求の後、管制機関から経路承認が発せられる方式。
D-ATIS/AEIS (Data Link ATIS/AEIS)
DLP (VHF Data Link Processing System:VHFデータリンク処理システム)
従来、音声によって行われてきた航空機に対するターミナル情報、エンルート情報のサービスを機上端末からのリクエスト/リプライ方式で実現するシステム。
DLCS (Data Link Center System:データリンクセンターシステム)
航空機と地上間のデータ通信メッセージを配信するシステム。
DME (Distance Measuring Equipment:距離情報提供装置)
電波の伝搬速度が一定であることを利用し、航空機から地上のDME局へ距離質問電波を発射し、それに応じてDME局から発射された応答電波を受信するまでの時間的 経過から地上局までの距離を連続測定する。
ER-VHF (Extended Range VHF:遠距離対空通信施設)
FACE (Flight Object Administration Center System:飛行情報管理処理系)
統合管制情報処理システムを構成する処理系の一つ。フライトに関する情報及びその他運航に関する情報の処理・管理、並びに国内外の関係機関との情報の授受を行う。
FDMS (Flight Data Management System:飛行情報管理システム)
FDPS (Flight Data Processing Section:管制情報処理部)
FIHS (Flight Service Information Handling System:運航情報提供システム)
東京及び関西空港事務所に設置されており、CADINの中核をなす通信センターとして、各空港等に設置された端末等と情報通信ネットワークを形成し、航空機の運航に必要な各種情報の処理・中継を行っている。
FIMS (Flight Information Management Section:運航情報処理部)
FIR (Flight Information Region:飛行情報区)
各国が航空交通業務を担当する区域を示し、ICAOで決定される。通常自国の領空に隣接する公海上空を含む。日本は福岡FIRを担当している。
FLO (Apron Flood Lights:エプロン照明灯)
エプロンを照明するための灯火。
FSC (Flight Service Center:飛行援助センター)
航空機の運航に必要な情報の収集及び対空通信による提供、航空機の運航の監視等、航空機の安全かつ円滑な運航を支援する機関。
GCA (Ground Controlled Approach:着陸誘導管制所)
ASR(空港監視レーダー)及びPAR(精密進入レーダー)を使用して計器飛行方式により飛行する航空機に対して、管制官が無線電話により針路、高度の指示を発出し、誘導して着陸させる着陸誘導管制業務を行う機関。
GNSS (Global Navigation Satellite System:全地球的航法衛星システム)
航空機から3つの航法衛星(GNSS用周回衛星)を捕捉することで各衛星からの距離を得るとともに、4つ目の航法衛星からの信号で時刻合わせを行い、航空機の3次元での飛行位置を得ることができる航法システム。
GPS (Global Positioning System:全地球的測位システム)
米国防省より開発された人工衛星による測位システム。
GS (Glide Slope:グライドスロープ装置)
ILSの一部で電波により最終進入中の航空機に適切な進入角を示す装置。
HF (High Frequency:短波(3MHz~30MHz帯))
ICAO (International Civil Aviation Organization:国際民間航空機関)
1944年の国際民間航空条約(シカゴ条約)に基づいて設立された国連の専門機関の一つ。
ICAP (Integrated Control Advice Processing System:管制支援処理系)
統合管制情報処理システムを構成する処理系の一つ。トラジェクトリを基に算出した各種支援情報を管制官に提供する。
IECS (Integrated En-route Control System:航空路管制卓システム)
IFR・VFR IFR(Instrument Flight Rules:計器飛行方式)
航空機の飛行経路や飛行の方法について常時航空交通管制の指示を受けつつ飛行することをいい、VFR(Visual Flight Rules:有視界飛行方式)は、有視界飛行状態(VMC)において、原則として航空交通管制の指示を受けずに操縦者の独自の判断で飛行することをいう。ただし、特別管制空域または航空交通管制圏内を飛行するときは管制官の指示に従わなければならない。
IHPL (Intermediate Holding Position Lights:中間待機位置灯)
地上走行中の航空機に一時停止すべき位置を示すための灯火。
ILS (Instrument Landing System:計器着陸装置)
ILSは着陸のため進入中の航空機に対し、指向性のある電波を発射し滑走路への進入コースを指示する無線着陸援助装置で、滑走路への進入コースの中心から左右のずれを示すローカライザー(LOC)と適切な進入角を示すグライド・スロープ(GS)及び滑走路からの所定の位置に設置され、上空に指向性電波を発射し滑走路からの距離を示すマーカー(アウターマーカー(OM)、ミドルマーカー(MM)、インナーマーカー(IM))からなる。パイロットは、機上の指針方向に飛行することに より適切な進入コースに乗ることができる。
IMC・VMC VMC(Visual Meteorological Condition:有視界飛行状態)とは、操縦者が目視により飛行するのに十分な視程(目視できる最大距離)及び航空機から雲までの距離を考慮して、航空機の飛行する高度と空域別に定めた下表以上の気象状態をいい、それ以外の気象状態をIMC (Instrument Meteorological Condition:計器気象状態)という。
  視程 航空機から雲間での距離
垂直方向 水平方向(半径)
上方 雲高 下方
管制区内
管制圏内
情報圏内
3,000m以上の高度 8,000m 300m - 300m 1,500m
3,000m未満の高度 5,000m 150m - 300m 600m
管制圏又は情報圏内の飛行場 5,000m *1 - 300m - 600m
管制区外
管制圏外
情報圏外
3,000m以上の高度 8,000m 300m - 300m 1,500m
3,000m未満の高度 1,500m 150m - 300m 600m
地表又は水面から
300m以下の高度
1,500m *2 雲から離れて飛行し、かつ、地表又は、
水面から引き続き確認し得ること。
管制圏及び情報圏外にある国土交通大臣が
告示で指定した飛行場
5,000m *1 - 300m - -
*1 : 地上視程
*2 : 他の物件との衝突を避けることができる速度で飛行するヘリコプターは除く。
 
   
INS (Inertial Navigation System:慣性航法装置)
航空機の加速度を積分計算し、速度と移動距離を得て、航空機の位置、目的地までの距離、飛行時間等航法上必要な資料を得る自動航法装置である。
LOC (Localizer:ローカライザー装置)
ILSの一部で電波により最終進入中の航空機に滑走路の中心を示す装置。
MADE (Multiple ATS DATA Communication Equipment)
AIDC、ADCS、DCLの3サーバーから構成される。AIDCサーバーにより、仁川、FAA、及び台湾と管制データ交換を行う。また、ADCSサーバーにより洋上管制における衛星を使用したデータ交換(CPDLC)を行う。加えて、DCLサーバーにより、衛星を使用して航空機との管制承認授受をデータ交換により行う。
MAPS (Machinery Facilities Administration Preservation System:機械施設管理保全システム)
MF (Medium Frequency:中波(300KHz~3MHz帯))
MLAT (Multilateration:マルチラテレーション)
航空機の航空交通管制用自動応答装置から送信される信号を3ヶ所以上の地上受信局で受信して、受信時刻の差から航空機等の位置を測定する装置。
MM (Middle Marker:ミドルマーカー)
ILSの一部で指向性の電波により滑走路からの距離を示す装置。
MSAS (MTSAT Satellite Based Augmentation System:MTSAT用衛星航法補強システム)
MTSATを利用して、日本のFIR及びその周辺を飛行する民間航空機に対し、GPSを補強し民間航空で使用できるようにするためのもの。
MTSAT (Multi-functional Transport Satellite:運輸多目的衛星)


 
N~S
   
NAVAID (Navigation Aid:航行援助施設)
NOTAM (Notice to Airmen:ノータム)
航空保安施設、業務、方式及び航空に危険を及ぼすもの等の設定、状態又は変更に関する情報で、書面による航空情報では時宜を得た提供が不可能な場合に通信回線(CADIN及びAFTN)により配布されるもの。
NP (North Pacific:北太平洋(主要世界航空路区域の一つ))
OBL (Obstacle Lights:航空障害灯)
地表又は水面から60m以上の高さの物件及び進入表面、転移表面又は水平表面に著しく近接した物件、その他航空機の航行の安全を著しく害するおそれのある物件に設置される。
ODP (Oceanic Air Traffic Data Processing System:洋上管制データ表示システム)
OM (Outer Marker:アウターマーカー)
ILSの一部で指向性の電波により滑走路からの距離を示す装置。
ORL (Overrun area edge Light:過走帯灯)
離着陸しようとする航空機に過走帯を示す灯火。
ORM (Operation and Reliability Management System:運用・信頼性管理システム)
自動計測機能やデータ解析機能による効果的な信頼性技術管理業務と無線関係施設の監視を行う効率的なシステム統制業務をシステム運用管理センター(SMC)にて実施するためのシステム。
ORSR (Oceanic Route Surveillance Radar:洋上航空路監視レーダー)
ARSRの覆域が不足している洋上空域にある航空機を監視するためのレーダーであり、レー ダーサイトから約460Km以内の空域にある航空機を探知することができ、 洋上における航空路管制業務に使用される。
PALS (Precision Approach Lighting System:標準式進入灯)
着陸しようとする航空機にその最終進入の経路を示す灯火。
PAPI (Precision Approach Path Indicator:進入角指示灯)
着陸しようとする航空機にその着陸の進入角の良否を示す灯火。
PAR (Precision Approach Rader:精測進入レーダー)
管制官がレーダーを見ながら、航空機を3次元的に滑走路の接地点へ誘導する着陸援助施設。
RAG (Remote Air-Ground Communication:リモート対空通信施設)
RAI (Runway Alignment Indicator:進入路指示灯)
直線進入用の進入路指示灯。
RCAG (Remote Center Air-Ground Communication:遠隔対空通信施設)
航空路管制機関から遠隔制御されるVHF、UHFの航空路用対空通信施設。これにより遠隔地の航空機と管制機関との直接交信が可能となる。
RCC (Rescue Co-ordination Center:救難調整本部)
航空機の捜索救難に関する協定(警察庁、防衛省、国土交通省(航空局)、海上保安庁及び消防庁の関係機関により締結)に基づき、東京空港事務所に設置されている救難調整本部のことで、航空機が遭難又は行方不明になった場合に、関係機関が行う捜索・救難(SAR)活動について業務調整を行う機関。
RCLL (Runway Centerline Lights:滑走路中心線灯)
離着陸しようとする航空機に滑走路の中心線を示す灯火。
RDML (Runway Distance Marker Lights:滑走路距離灯)
滑走路を走行中の航空機に滑走路の先方の末端からの距離を示す灯火。
RDP (Rader Data Processing System:航空路レーダー情報処理システム)
ARSRからの位置情報とFDMSからの飛行計画情報を照合し、IECSの表示装置上に航空機の位置、便名、速度等を表示するために必要な情報を生成するシステム。
REDL (Runway Edge Lights:滑走路灯)
離着陸しようとする航空機に滑走路を示す灯火。
REL (Runway Entrance Lights:航空機接近警告灯)
滑走路に入る前の地上走行中の航空機に対し、当該滑走路から離陸し、又は着陸しようとする他の航空機の接近を示す灯火。
RETIL (Rapid Exit Taxiway Indicator Lights:高速離脱用誘導路指示灯)
滑走路を走行中の航空機に対し、高速離脱用誘導路への出入経路と滑走路中心線との接続点までの距離を示す灯火。
RGL (Runway Guard Light:滑走路警戒灯)
地上走行中の航空機に滑走路に入る前に一時停止すべき位置を示す灯火。
RLLS (Runway Lead-in Lighting System:進入路指示灯)
周回進入用の進入路指示灯。
RML (Radar Microwave Link:レーダーマイクロ回線)
RNAV (Area Navigation:広域航法)
RNP (Required Navigation Performance:航法性能要件)
RTHL (Runway Threshold Lights:滑走路末端灯)
離着陸しようとする航空機に滑走路の末端を示す灯火。
RTZL (Runway Touchdown Zone Lights:接地帯灯)
着陸しようとする航空機に接地帯を示す灯火。
RVR (Runway Visual Range:滑走路視距離)
滑走路の中心線上にある航空機からパイロットが滑走路標識、滑走路灯又は滑走路中心線灯を視認できる距離で、透過率計により測定したもの。
RWY (Runway:滑走路)
RWYTIL (Runway Threshold Identification Lights:滑走路末端識別灯)
着陸しようとする航空機に滑走路末端の位置を示す灯火。
RX (Radio Receiver:無線受信機)
SALS (Simple Approach Lighting System:簡易式進入灯)
着陸しようとする航空機にその最終進入の経路を示す簡易式の灯火。
SAR (Search and Rescue:捜索救難)
SFL (Sequenced Flashing Lights:連鎖式閃光灯)
進入灯の補助として進入灯の中心を閃光する灯火。
SMAP (Spot-information Management and Planning system:スポット総合調整サブシステム)
航空交通流管理業務に必要なスポット運用状況等を全国のCADIN端末及びエプロン管理システムから収集、整理するとともにフローコントロール情報を関係機関等へ提供して、きめ細かな航空交通制御を実現するための支援システム。
SMC (System operation Manegement Center:システム運用管理センター)
航空保安無線施設等の運用状況の把握、運用に必要な信頼性データの解析を行う機関。
SRR (Search and Rescue Region:捜索救難区)
各国が航空機の捜索救難業務の責任を負う区域としてICAOで決定される。我が国が責任を負う区域は東京捜索救難区(TOKYO SRR)であり、福岡FIRの区域と一致する。
SSR (Secondary Surveillance Radar:二次監視レーダー)
航空機は、この装置から発する質問電波を受信すると、機上のATCトランスポンダー(航空交通管制用自動応答装置)から各機に固有の応答信号を発射し、地上のレーダー表示画面上に航空機の識別、高度並びに緊急事態の発生等を表示する。
SSRモードS (Secondary Surveillance Radar Mode S)
SSRモードSは、個々の航空機に割り当てられた航空機アドレスを使用して航空機に個別質問を行うことにより、目標検出の精度及び信頼性を向上した新型SSR。
STBL (Stop Bar Lights:停止線灯)
地上走行中の航空機に一時停止の要否及び一時停止すべき位置を示す灯火。


 
T~漢字
   
TACAN (Tactical Air Navigation System:極超短波全方向方位距離測定装置)
軍用を目的として開発されたもので、極超短波を使用し方位及び距離情報を同時に提供する施設である。TACANの距離測定部はDMEと同じ機能のため、VORと併設しVORTACとすることにより、民間航空用の標準施設であるVOR/DMEと同様な使用が可能。
TCA (Terminal Control Area)
進入管制区内の公示された空域であって、レーダー識別されたVFR機に対して当該機の要求に基づくレーダー誘導、当該機の位置情報の提供、進入順位及び待機の助言、レーダー交通情報の提供等の業務が実施される空域をいう。
TCLL (Taxiway CenterLine Lights:誘導路中心線灯)
地上走行中の航空機に誘導路の中心線及び滑走路又はエプロンへの出入経路を示す灯火。
TEDL (Taxiway Edge Lights:誘導路灯)
地上走行中の航空機に誘導路及びエプロンの縁を示す灯火。
TPIL (Turning Point Indicator Lights:転回灯)
地上走行中の航空機に転回区域における転回経路を示す灯火。
TRAD (Terminal Radar Alphanumeric Display System:空港レーダー情報処理システム)
空港監視レーダーから入力されるレーダー情報をコンピューターで処理し、従来のレーダー表示の上に、飛行計画情報をもとに各航空機の便名、現在高度及び管制席 シンボル等の情報を英数字により重畳表示するシステム。
TWY (Taxiway:誘導路)
TXGS (Taxiing Guidance Signs:誘導案内灯)
地上走行中の航空機に行き先、経路、分岐点等を示す灯火。
TX (Radio Transmitter:無線送信機)
UHF (Ultra High Frequency:極超短波(200MHz~400MHz帯))
UPR (User Preferred Route)
洋上空域において運航者が、運航機材、運航時刻、気象予報等を考慮して任意に飛行経路を作成する飛行計画方式。
VDGS (Visual Docking Guidance System:駐機位置指示灯)
地上走行中の航空機にエプロンにおける駐機位置への走行経路からの偏差及び駐機位置までの距離を示す灯火。
VDL (VHF Digital Link)
現行のVHFデータリンクシステムに代わる次世代空地VHFデジタルデータリンクシステムであり、高品質のデジタルデータ通信サービスが行える。現在、ATN内の空地サブネットワークの一つとして検討が進められている。
VDL-2/AOA (VHF Digital Link-2/ACARS Over Aviation VHF Link Control)
ACARSからVDL-2への移行を円滑に行うための方式。航空機側ではVDLハードウェアを用いて高速通信を実現可能とするとともに、ソフトウェアは従来のACARS用を継続利用する。
VHF (Very High Frequency:超短波(100MHz帯))
VOR (VHF Omnidirectional Radio Range:超短波全方向式無線標識施設)
超短波を用いて有効到達距離内のすべての航空機に対し、VOR施設からの磁北に対する方位を連続的に指示することができ、航空路の要所にVOR施設を設置すること により航空機は、正確に航空路を飛行することができる。また、VHF帯を利用しているため雷雨等の影響が少なく飛行コースを正確に指示することができる。
VORTAC (VOR and TACAN Combined Facility:ボルタック(VORとTACANの併設)施設)
VORとTACANの2つの施設により構成される施設で、ひとつのサイトからVOR方位、TACAN方位並びに距離の3種類の情報を提供している。
WAM (Wide Area Multilateration:広域マルチラテレーション)
航空機の航空交通管制用自動応答装置から送信される信号を4ヶ所以上の地上受信局で受信して、受信した時刻差から当該航空機の位置を測定する航空機監視用の装置。
WBAR (Wing Bar Lights:滑走路末端補助灯)
滑走路末端灯(RTHL)の機能を補助するための灯火。
WDIL (Wind Direction Indicator Lights:風向灯)
航空機に風向を示すための灯火。
航空交通管制区 航空交通管制区とは、航空交通の安全のために地表又は水面から200m以上で、国土交通大臣が指定する空域をいい、航空交通管制圏以外の飛行場周辺の空域及び航空路に沿った空域等が指定され、ほとんど日本全域が航空交通管制区で覆われている。ここを飛行する航空機に対し、管制を行 うなど種々の安全措置が講じられている。
航空交通管制圏 航空交通管制圏とは、航空交通の安全のために国土交通大臣が指定する飛行場周辺の空域をいい、ここにおいては、離着陸する航 空機に対し、主として飛行場管制が行われ、航空機の安全確保が図られている。
航空交通情報圏 航空交通管制圏が設定されている飛行場以外で航空交通の安全のために国土交通大臣が指定する飛行場周辺の空域。
航空路 航空路とは、航空機の航行に適する空中の通路として国土交通大臣が指定するものをいう。その幅は原則として18Km又は14Kmであり、 地上の航空保安無線施設等を結んで全国各地に指定されている。航空路の名称は、英字(A, B, G, R, V, W)及び数字(1~999)により表され、国際航空路についてはA, B, G, Rを、国内航空路についてはV, Wを使用している。
進入管制区 進入管制区とは、航空交通管制圏内の飛行場から離着陸に引き続く上昇飛行、同飛行場への着陸に先行する降下飛行を計器飛行方式により飛行する航空機に対して国土交通大臣が航空交通管制を行う空域をいう。この空域を飛行する航空機に対しては、進入管制及びターミナル・レーダー管制が行われるなど航空機の安全確保が図られている。
特別管制空域 航空交通の輻輳する空域のうち、主に特定の飛行場の周辺が特別管制空域として公示されている。この空域では管制機関から特に許可された場合を除きVFRによる飛行を行うことができない。
トラジェクトリ 航空機が飛行する軌道を定義する4次元のポイント(水平位置、高度、時刻)の集合であり、センサデータなどから得られる航空機の補足位置やダウンリンクパラメータなど、利用可能なあらゆるデータを使用して計算された、航空機の飛行位置を表す状態ベクトルの時系列データ。


ページの先頭に戻る