航空

将来の航空交通システムに関する推進協議会

 

 

1.趣旨

 将来の航空交通システムの構築に当たっては、航空交通量の増大や運航者、利用者の多様化するニーズに的確に対応し、効率的な航空サービスの実現を通じ我が国の経済の成長戦略に寄与していくとともに、地球温暖化対策といった世界共通の課題にも積極的に対応していくことが求められている。そのためには、現行の航空交通システムの大胆な変革が必要であり、産官学の関係者から構成される研究会を設立し、世界の動向も踏まえながら様々な角度から検討を重ね、「将来の航空交通システムに関する長期ビジョン(CARATS)」をとりまとめた。

 今後、このCARATSに基づき、将来の航空交通システムへの変革を具体的に実現していくことが必要である。

 

 CARATSに基づいて将来の航空交通システムを計画的に構築するためには、関係者間の連携により具体的な施策のロードマップを作成した上で、短期的な施策から順次実施するとともに、長期的な施策については、計画的に研究開発を進める必要がある。

 また、施策の推進に当たっては、指標の評価、分析を定期的に行うことにより、目標の達成度を検証しながら効果的に進めていくことが重要である。

ロードマップの作成や指標の設定、目標の達成度の検証に当たっては、航空局だけではなく、学識経験者、運航者、研究機関、航空関連メーカー、関係省庁等の関係者の協調が不可欠であることから、「将来の航空交通システムに関る推進協議会」を設置することとする。

 

 

2.開催状況

 
 第1回 平成22年12月16日

 第2回 平成24年 3月19日
 第3回 平成25年 3月22日
 第4回 平成26年 3月13日
 第5回 平成27年 3月13日
 第6回 平成28年 3月14日
  第7回 平成29年 3月14日

 
 

3.その他

 ・CARATSプログレスレポート2011-2013(1) (2)
 ・Carats Open Data 2012
 ・Carats Open Data 2013,2014 


 

ページの先頭に戻る