国際

運輸/観光/建設サービスの自由化

  •  昭和61年より開始されたGATT (General Agreement on Tariffs and Trade:関税及び貿易に関する一般協定)ウルグアイ・ラウンドにおける交渉の結果として、平成7年1月に「世界貿易機関を設立するマラケシュ協定(WTO協定)」が発効し、世界の多角的貿易体制を発展させるためにWTO(World Trade Organization:世界貿易機関)が発足しました。WTOは物品の分野の自由化だけでなく、運輸・観光・建設関連サービスを含むサービス分野も対象としており、国土交通省としてはサービス分野を中心として協議に積極的に参加しています。
     FTA(Free Trade Agreement:自由貿易協定)/EPA(Economic Partnership Agreement:経済連携協定)は、経済のグローバル化が進む中、WTOを補完するものとして、我が国の対外経済関係の発展及び経済利益の確保に寄与するものであり、我が国はFTA/EPAの締結を推進しています。

  •  

  • WTO(World Trade Organization:世界貿易機関)

  • FTA(Free Trade Agreement:自由貿易協定)/EPA(Economic Partnership Agreement:経済連携協定)

  •  

  • 更新年月日:平成21年12月15日

  •  
  •  
  •  

ページの先頭に戻る