水資源

水資源の有効利用

印刷用ページ

雨水・再生水について

 近年の降雨形態の変化により、ダムによる水の安定供給の実力が低下しつつあります。また、地球温暖化に伴う気候変動の影響により、渇水リスクの増大が指摘されています。
 渇水による社会的経済活動への影響を緩和し、水利用の安定性を確保するためには、ダム等の水資源開発施設の整備等供給側の対策に加え、水資源の有効利用等を計画的に推進するなど、需給側の対策を実施することが重要です。
 雨水・再生水利用などの水資源の有効利用の普及促進を図るために、水資源部において「雨水・再生水利用施設実態調査事例集」をとりまとめています。
 また、「雨水・再生水利用施設実態調査」は、全国の地方公共団体が受けている建築確認申請や助成制度などにより把握している施設を対象にアンケート調査しているものです。

水資源開発施設における有効利用

 既存のダム等の水資源開発施設の効果をさらに高めたり有効に活用するために 複数のダムを統合的に運用を行うなど様々な工夫がなされています。

水資源開発施設における有効利用

雨水・再生水利用施設実態調査

 雨水・再生水利用施設の実態調査事例集及び実態調査に関する内容を確認できます。

雨水・再生水利用施設実態調査事例集

お問い合わせ先

国土交通省 水管理・国土保全局 水資源部 水資源政策課
電話 :03-5253-8111
直通 :03-5253-8386
ファックス :03-5253-1581

ページの先頭に戻る

Get ADOBE READER

別ウィンドウで開きます

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。