水資源

地下水利用の現状

印刷用ページ

地下水の利用用途

 地下水の利用用途は下図のように整理されます。
 現在、地下水は生活用水(飲料用、調理用、浴用等)、工業用水(飲食品製造業、原料用、洗浄用、冷却 用等)、農業用水(農作物栽培用、温調等用)、養魚用水等、各種の用途に利用されています。また、この他にも都市蓄熱(ヒートポンプ、ヒートパイプ等) や、 湧水公園等の環境用水といった多様な用途に利用されています。

地下水利用の概況

 全国の地下水使用量の近年の推移をみると、生活用水はほぼ横ばいとなっている一方、工業用水が減少傾向にあり、両者を合わせた都市用水全体としても減少傾 向となっています。

全国の地下水使用状況

 地下水は、個々の使用者が設置した取水施設により直接取水されるため、取水量を正確に把握することは困難であるが、我が国の都市用水及び農業用水における地下水使用量は約92億㎥/年と推計され、平成23 年(2011 年)における都市用水及び農業用水の全使用量約809億㎥/年の約11%を占めている。

お問い合わせ先

国土交通省 水管理・国土保全局 水資源部 水資源政策課
電話 : 03-5253-8111
直通 : 03-5253-8386
ファックス : 03-5253-1581

ページの先頭に戻る