下水道

下水道における紙オムツの受入実現に向けて

 

取り組みの背景

 人口減少・超高齢化社会を迎えるなど社会情勢が大きく変化する中、我々のライフスタイルや働き方について見つめ直すことが求められています。それと同時に、我々の日々の生活や社会活動を支える下水道システム、下水道サービスのあり方についても時代の要請に応じた新たな取組が必要となります。
「下水道・LIFE・えんじん研究会」(※1)が平成28年12月にとりまとめた報告書では、介護の現場での利便性等、高齢化社会への貢献が強く期待されるとして、下水道に紙オムツを受入れて集約処理するシステムが1つの選択肢として提案されました。この提案は、エネルギーの地産地消に貢献する可能性もあります。
これを受け、国土交通省は、新下水道ビジョン加速戦略(平成29年8月)(※2)において、少子高齢社会への対応としての「下水道への紙オムツ受入れ可能性の検討」を位置付けたところです。
 
(※1)下水道・LIFE・えんじん研究会報告書
http://www.mlit.go.jp/common/001194302.pdf
(※2)「新下水道ビジョン加速戦略」(平成29年8月 国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/common/001197678.pdf
 
  
これまでの検討

 国土交通省は、平成30年1月に「下水道への紙オムツ受入実現に向けた検討会」(※)を設置し、同検討会における議論を踏まえ、平成30年3月に検討ロードマップをとりまとめました。

  紙オムツに付着した汚物のみを下水道へ受け入れるAタイプは介護負担の軽減に資すると考えられ、早急に受入条件を明示し早期の実用化を支援します。一方B・Cタイプは、検討すべき事項は多いものの地域経営やエネルギー・資源の地産地消にも資する可能性があり、2022年度末までにガイドライン作成・公表を行い、地方公共団体の中長期的な受入れ検討を支援してまいります。
 
(※)「下水道への紙オムツ受入実現に向けた検討会」における審議内容
http://www.mlit.go.jp/mizukokudo/sewerage/mizukokudo_sewerage_tk_000540.html

 
今後の検討の進め方

 国土交通省では、平成30年3月にとりまとめたロードマップを元に紙オムツの処理方式に関して検討を行い、2022年度を目途に紙オムツの下水道への受入に向けたガイドラインの作成・公表を目指してまいります。



 
ガイドライン

  ロードマップで示した紙オムツ受入のための3つの処理方式のうち「固形物分離タイプ」について、パブリックコメントを踏まえ、実証試験を実施するにあたっての基本的な考え方等を平成31年3月にとりまとめました。
Aタイプ(固形物分離タイプ)の実証試験等実施における基本的な考え方(案)【下水道への紙オムツ受入に関するガイドライン(案)】(H31.3)

ページの先頭に戻る