国土交通省 国土交通研究政策所 Policy Research Institute for Land, Infrastructure, Transport and Tourism

サイト内検索 English
 国土交通政策研究所は、国土交通省におけるシンクタンクとして、内部部局による企画・立案機能を支援するとともに、 政策研究の場の提供や研究成果の発信を通じ、国土交通分野における政策形成に幅広く寄与することを使命としています。
  

TOP研究活動概要 > 昨年度の研究課題

 ●昨年度の研究課題

  平成28年度の研究課題は以下の通りです。

 ◆空き家発生・分布メカニズムの解明に関する調査研究
 ◆地域公共交通事業における収益性と効率性に関する調査研究
 ◆立地競争力の更なる強化に資する国際航空ネットワークに関する調査研究
 ◆ICTの利活用による個人の財・サービスの仲介ビジネスに係る国際的な動向・問題点等に関する調査研究
 ◆日本インフラ産業の海外進出に係る基礎的情報に関する調査研究
 ◆訪日外国人旅行者の国内訪問地域分布予測手法に関する調査研究
 ◆国土交通分野の将来見通しと人材戦略に関する調査研究
 ◆公共投資の経済効果を計測するマクロ経済モデルの構築
 ◆運輸企業の組織的安全マネジメント手法に関する調査研究




◆空き家発生・分布メカニズムの解明に関する調査研究

人口減少等の影響により、今後、空き家が更に増加することが想定される中、個別外観目視によることなく、住民基本台帳や水道等の公的データから、空き家の分布状況を迅速かつ簡易に把握する手法を検討する。


国土交通政策研究 第136号 『空き家発生・分布メカニズムの解明に関する調査研究(その1)』
PRIレビュー第61号 「空き家発生・分布メカニズムの解明に関する調査研究(その1)」



◆地域公共交通事業における収益性と効率性に関する調査研究

一般乗合旅客自動車運送事業者を中心に、事業の収益性と効率性を評価する上で重視すべき具体的な指標例や活用方法を検討する。


国土交通政策研究 「「利用していただくバスづくり」のためにすぐできる最初の一歩と次の一手」
              〜乗合バス事業の現状分析と施策検討の手引き〜
国土交通政策研究 第132号 『地域公共交通事業における収益性と効率性に関する調査研究』
国土交通政策研究 第138号 『地域公共交通事業における収益性と効率性に関する調査研究U』
PRIレビュー第58号 「地域公共交通事業における収益性と効率性に関する調査研究(Kick-off)」
PRIレビュー第60号 「地域公共交通事業における収益性と効率性に関する調査研究(中間報告)
              〜乗合バス事業者に対するアンケート調査等の考察〜」



◆立地競争力の更なる強化に資する国際航空ネットワークに関する調査研究

国内外の航空会社や空港運営主体等の実態や国際航空流動等の調査結果を踏まえ、国際航空ネットワークの形成メカニズムを解析し、立地競争力との関係性を分析する。




◆ICTの利活用による個人の財・サービスの仲介ビジネスに係る国際的な動向・問題点等に関する調査研究

運輸分野のうち、ライドシェア、カーシェア、貨物運搬シェアにおける個人の財・サービスを前提とした仲介ビジネスに着目し、欧米諸国における動向・問題点等の情報収集や整理を行うとともに、仲介ビジネスによる経済的、社会的な影響を分析する。




◆日本インフラ産業の海外進出に係る基礎的情報に関する調査研究

土木・建築インフラ分野の日本企業(以下「日本インフラ産業」という。)が既に進出した国・地域及び今後の進出が期待される国・地域について、日本インフラ産業が進出するか否かの判断材料にしていると考えられる公開データを選定・収集・整理するとともにその比較分析を行う。


PRIレビュー第62号 「日本インフラ産業の海外進出に係る基礎的情報に関する調査(Kick-off)」



◆訪日外国人旅行者の国内訪問地域分布予測手法に関する調査研究

国内訪問地域分布の実態を詳細に分析するとともに、ICT等を活用しながら外国人旅行者の日本各地に対する認知度と訪問地選択との関係及び訪日旅行と情報収集等の関連を分析・把握することにより、今後の取組みの方向性等を検討する。


国土交通政策研究 第133号 『訪日外国人旅行者の国内訪問地域分布予測手法に関する調査研究』
国土交通政策研究 第137号 『訪日外国人旅行者の国内訪問地域分布及び訪問地選択に関する調査研究』
PRIレビュー第58号 「訪日外国人旅行者の国内訪問地域分布予測手法に関する調査研究(Kick-off)」
PRIレビュー第62号 「訪日外国人旅行者の国内訪問地域分布予測手法に関する調査研究」



◆国土交通分野の将来見通しと人材戦略に関する調査研究

就職先としての建設業の将来性に対する学生の認識や、建設業経営者の採用・人材育成、新技術の活用等についての戦略について調査し、各々の選択に与える要因を抽出した上で、予測される建設市場規模との整合性を調査し、中長期的な視点に立った産業全体の人材戦略について示唆を得る。




◆公共投資の経済効果を計測するマクロ経済モデルの構築

ストック効果・フロー効果を最大限発揮できるようなインフラ整備のための判断材料とするために、最新の理論モデルと学界の最新の研究成果に基づき、実体経済に則した、社会資本整備の経済効果を把握するためのマクロ経済モデルを構築する。



◆運輸企業の組織的安全マネジメント手法に関する調査研究


企業風土測定ツールによるアンケート調査結果

当研究所において開発した「安全に関する企業風土測定ツール」の利用促進を継続するとともに、経年変化による改善事例等の分析を行うほか、事故率などの安全性との相関関係に関する分析を充実する。

年次報告 『運輸企業の組織的安全マネジメントに関する調査研究〜安全に関するアンケート調査 年次報告(平成26年)〜』
年次報告 『運輸企業の組織的安全マネジメントに関する調査研究〜安全に関するアンケート調査 年次報告(平成27年)〜』
国土交通政策研究 第128号 『運輸企業の企業風土と安全パフォーマンスの関係性に関する調査研究』
PRIレビュー第56号 「運輸企業の組織的安全マネジメントに関する調査研究」
PRIレビュー第58号 「運輸企業の企業風土と安全パフォーマンスの関係性に関する調査研究」
PRIレビュー第60号 「運輸企業の組織的安全マネジメントに関する調査研究−平成27年度実施支援結果より−」