国土交通省 国土交通研究政策所 Policy Research Institute for Land, Infrastructure, Transport and Tourism

サイト内検索 English
 国土交通政策研究所は、国土交通省におけるシンクタンクとして、内部部局による企画・立案機能を支援するとともに、 政策研究の場の提供や研究成果の発信を通じ、国土交通分野における政策形成に幅広く寄与することを使命としています。
  

TOP研究活動概要 > 対外活動

 ● 対外活動

H26.07.29 7月28日、阪井暖子研究官が福井県まちづくりセミナーにおいて「中心市街地の空き地の増加を知恵と工夫で再構築のチャンスに」をテーマにセミナーを行いました。プログラム

H26.07.22 7月19日、阪井暖子研究官がNPOかながわ県央ネット第11回役員研修会において、「マンションと地域の連携・共助による地域防災力の強化に関する研究」を講演しました。→プログラム

H26.07.22 「国土交通政策研究所・シンポジウム−インバウンド観光の推進に向け、「RYOKAN」を世界へ発信−」が開催されました。

H26.06.20 「国土交通政策研究所・シンポジウム−地方航空路線を活用した地域活性化〜LCC、RJ を通じて考える−」が開催されました。

H26.06.17 「国土交通政策研究所・シンポジウム−運輸企業の組織的安全マネジメントへの取組みを企業風土を通じて考える−」が開催されました。

H26.06.10 後藤靖子所長がシンガポール政府観光局&福岡コンベンションビューロー提携20周年記念セミナーで「訪日旅行のブランドマネジメントにむけて」と題して講演を行いました。→プログラム

H26.03.24 後藤靖子所長がインバウンド研究会主催の「インバウンド振興のための国・地域のブランド戦略」シンポジウムにて、講演しました。開催案内

H26.03.07 松永研究調整官が、土木計画学ワンデイセミナー「超高齢社会を支える効率的かつ信頼性の高いロジスティクスシステム」において、「支援物資のロジスティクスに関する調査研究」と題して研究発表を行いました。

H26.03.01 長谷知治総括主任研究官が「東京大学海洋アライアンス・日本財団共同シンポジウム日本海:秘められた可能性」にパネリストとして参加しました。

H26.01.20 当研究所の「支援物資のロジスティクスに関する調査研究」の成果物である帳票が、「中国圏・四国圏における広域的な支援物資輸送訓練」で活用されました。訓練概要

H25.12.08 長谷知治総括主任研究官が日本海洋政策学会第5回年次大会にて研究発表をしました。

H25.11.29 後藤靖子所長が、「千葉県観光について考える〜おもてなしの心とは」にて講演しました。

H25.11.22 後藤靖子所長が、クルーズ船誘致に向けた「対話の集い」(新潟県佐渡市)にて、講演しました。

H25.11.20 後藤靖子所長が航空政策研究会主催の航空シンポジウム「幹線交通の将来展望〜航空・鉄道・高速バスの競争と協調〜」にパネリストとして登壇しました。

H25.10.25 第13回八潮市まちづくり・景観推進会議に当研究所研究官が学識委員として出席しました。

H25.10.16 ITF/JTRC事務局と意見交換を行いました。

H25.09.04 千葉県習志野市で開催された第68回土木学会全国大会において、当研究所の松永研究調整官より、「支援物資のロジスティクスに関する調査研究」と題して研究発表を行いました。プログラム

H25.09.04 第8回APEC交通大臣会合における「女性と交通フォーラム」に、国土交通政策研究所後藤靖子所長が、パネリストとして参加しました。