重点的施策

国土交通省所管5分野における新たな在留資格「特定技能」による外国人材の受入れ

新たな外国人材の受入れのための在留資格「特定技能」は、深刻化する人手不足に対応するため、生産性向上や国内人材の確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人材を受け入れる制度です。
国土交通省の所管では5分野(建設分野、造船・舶用工業分野、自動車整備分野、航空分野、宿泊分野)で受け入れることとしております。
詳細については、以下のHPをご覧下さい。

○制度全般について【法務省】
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri01_00127.html

○建設分野における新たな外国人材の受入れ【土地・建設産業局】
http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/totikensangyo_const_tk2_000118.html
○造船・舶用工業分野における新たな外国人材の受入れ【海事局】
http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_fr5_000006.html
○自動車整備分野における新たな外国人材の受入れ【自動車局】
http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_SSW.html
○航空分野における新たな外国人材の受入れ【航空局】
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr19_000011.html
○宿泊分野における新たな外国人材の受入れ【観光庁】
http://www.mlit.go.jp/kankocho/page06_000162.html

ページの先頭に戻る