• 拡大
  • 標準
  • 文字サイズ変更
i-Construction推進コンソーシアム
 調査・測量から設計・施工・維持管理までのあらゆるプロセスでICT等を活用して建設現場の生産性向上を図る 「i-Construction」を推進するため、様々な分野の産学官が連携して、IoT・人工知能(AI)などの革新的な技術の現場導入や、3次元データの活用などを進めることで、生産性が高く魅力的な新しい建設現場を創出することを目的として、i-Construction推進コンソーシアムを設立します。
 コンソーシアムは前項の目的を達成するため、最新技術の現場導入のための新技術発掘や企業間連携促進、3次元データ利活用促進のためのデータ標準やオープンデータ化、i-Constructionの海外展開など、i-Constructionの推進に資する取り組みを行います。

i-Construction推進コンソーシアム企画委員会 新着情報

i-Construction推進コンソーシアム(第4回企画委員会)

○配付資料
 議事次第
 資料1
 資料2
 資料3
 

i-Construction推進コンソーシアム(第3回企画委員会)

○配付資料
 議事次第
 資料1
 資料2
 資料3
 参考資料

 議事概要
 

i-Constructionロゴマーク

技術開発・導入WG

【目的】
最新技術の現場導入のための新技術発掘や企業間連携を促進し、建設現場の生産性向上を目指す。

詳細はこちら

3次元データ流通・利活用WG

【目的】
3次元データの流通のためのデータ標準やオープンデータ化により、シームレスな3次元データ利活用環境整備、新たなビジネス創出を目指す。

詳細はこちら

海外標準WG

【目的】

  • 国際標準化・パッケージ化等海外展開の方策の検討
  • i-Constructionに関する基準類の国際標準化動向の把握
  • i-Constructionで構築したICT、マネジメントシステム、発注方式、検査方式等の パッケージ化の検討 等

詳細はこちら

pagetop