建設産業・不動産業

同意書のひな形について

・同意書のひな形について(word形式)(平成27年7月30日)
 ※社会実験においては、IT重説を実施する前に契約当事者より同意書を取得する必要があります。
  
説明の相手方と貸主等の両方の同意書を取得した後でなければ、IT重説を開始することはできません。

 ※取得方法としては、
  [1]対面において同意書(書面)を取得する方法、
  [2]
郵送で同意書を送付する方法、
  [3]電子署名を用いた電磁的方法、
  [4]本人限定受取郵便とWebを用いた方法、
  [5]その他、登録事業者及び貸主等が同意したことについて証跡が残る方法であれば手法は問わない
   (証跡が残る方法とは、登録事業者が同意書の内容を記載し、送付したメールに返信をする方法等)。

 

  1. 同意書ひな形(売主・貸主向け)(wordファイル)
  2. 同意書ひな形(説明の相手方向け)(wordファイル)

 

お問い合わせ先

国土交通省土地・建設産業局 不動産業課佐藤、二宮、中原
電話 :03-5253-8111(内線25125、25131)

ページの先頭に戻る