住宅

CLTの普及に向けた取組

 CLTとは、木の板を繊維方向が直角に交わるように重ねて接着したパネルで、欧米を中心にマンションや商業施設などの壁や床として普及しています。
 CLTは、現場施工性がよいなどの利点があるとともに、パネル工法、部分利用といった広範な可能性があり、さらに、一般的な設計法が告示されたことによって、多様な用途の建築物に活用される環境が整いつつあります。
 CLTは、これまで木材があまり使われてこなかった中大規模の建築物などに用いることにより、木材の新たな需要や新しい産業分野の創出が期待されるものとして、地方創生の一方策としても大きな期待が寄せられています。
 このため、CLTの幅広く積極的な活用に向け、「CLT活用促進に関する関係省庁連絡会議」を設置し、政府を挙げて取り組んでいます。
 その一環として、CLTの活用に関する事業者や地方公共団体等からの問合せにお答えするために、内閣官房に政府の「一元窓口」を設けています。


▶ CLTの普及に向けた取組概要


CLT活用促進のための政府一元窓口【外部リンク】

CLTから見える未来【外部リンク】

CLT活用推進パートナーの募集
  募集要項はこちら ( 様式1 / 様式2 / 様式3 )
  実施要領はこちら
  採択結果はこちら

 

Get ADOBE READER

(別ウインドウで開きます)

  PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
  上のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
  Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

 

お問い合わせ先

国土交通省住宅生産課木造住宅振興室
電話 :03-5253-8111

ページの先頭に戻る