ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2021年 > アフターコロナにおける観光マーケットの傾向と課題解決の視点をレポート
~「令和2年度 夜間・早朝の活用による新たな時間市場の創出事業」の成果をとりまとめました~
ページ本文

アフターコロナにおける観光マーケットの傾向と課題解決の視点をレポート
~「令和2年度 夜間・早朝の活用による新たな時間市場の創出事業」の成果をとりまとめました~

印刷用ページ

最終更新日:2021年4月26日

 令和2年度、観光庁は、地域における夜間・早朝の訪日外国人旅行者の回遊性を高め、特に地方部における訪日外国人の旅行消費額の増加や長期滞在につなげることを目的とし、「夜間・早朝の活用による新たな時間市場の創出事業」を実施しました。
 本事業では、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、各創出事業者と外部有識者である担当コーチとが一体となり、日本の各地域に根付く文化や自然が持つポテンシャルを最大限にすべく、感染拡大防止策を徹底した上で、様々な解決手法を実践してきました。

 この度、本事業の成果をとりまとめ、それに関する資料や動画を掲載しましたので、お知らせします。
 本事業では、夜間・早朝の活用という枠組みを超え、日本の各地域に根付く文化・自然の活用やその情報発信の手法、将来の反転攻勢に向けての基盤構築など、アフターコロナにおける新しい観光施策の推進においても有効な知見が得られましたので、多くの方々にご活用いただけますと幸いです。
 
【掲載先】
(観光庁ウェブサイト内)
 政策について > 観光地域づくり > コーチング事業 内に掲載。
(URL)
 
https://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kankochi/coaching.html

  →「令和2年度(夜間・早朝の活用による新たな時間市場の創出事業)」にまとめております。
    令和元年度「最先端観光コンテンツインキュベーター事業(夜間帯を活用した観光コンテンツの造成)」の成果についても掲載しています。 

【掲載した資料の紹介】(一部)
○事業概要シート
 …創出事業の取組や成果をまとめました。
○アフターコロナにおける観光マーケットの傾向と本質的課題解決への事例集
 …創出事業の中で見えてきた地域の本質的な課題と、コーチングにより導いた解決の糸口をまとめたナレッジ集です。
○Re: TOURISM(RESEARCH & REPORT 2020)-観光と文化とまちづくりをつなぐ-
 …創出事業から得られた知見等を踏まえ、観光と文化、まちづくりの関係性を見直すレポートです。

【掲載した動画の紹介】(リンク先は、YouTube(観光庁チャンネル)です。
成果報告会
 …令和3年3月4日(木)にオンラインで開催した成果報告会の動画です。
記録動画
 …各創出事業の様子を撮影した動画です。

参考

このページに関するお問い合わせ
観光庁 観光地域振興部 観光資源課 新コンテンツ開発推進室(担当:中谷、加藤、山﨑)
 電話    03-5253-8924(直通)
 電子メール hqt-newcontents★mlit.go.jp
 注:可能な限り、電子メールでのお問合せにご協力をお願いします。
   また、送信の際は「★」記号を「@」記号に置き換えてください。