ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2021年 > 第3回日米ホスピタリティ・マネジメント・ウェビナーの開催について
ページ本文

第3回日米ホスピタリティ・マネジメント・ウェビナーの開催について

印刷用ページ

最終更新日:2021年3月5日

 この度、在日米国大使館・総領事館商務部と観光庁は共催で、2019年10月のホスピタリティ・マネジメント・サミットのフォローアップとして、2020年8月、10月に引き続き日本の観光・ホスピタリティ業界の回復・発展に役立つアメリカの人材育成プログラムや最新のテクニカルツールを紹介するウェビナーシリーズを開催いたします。

 今回は観光に携わる人材向けの研修、米国では最もパワフルなマーケティング手法として認知されているストーリーテリングなコンテンツ、そして世界的なトレンドであるアドベンチャー・体験型旅行の商品化、ガイドの育成や安全対策などについてケーススタディを中心に掘り下げ、新年度に向けて取り組むべきプロジェクトのご提案をいたします。

 海外からの誘客促進に携わる観光地域づくり法人、自治体、観光経営学にご興味のある教育機関、旅行・ホスピタリティ業界の皆様のご参加をお待ちしています。

ウェビナー概要

日時:2021年2月19日(金) 午前10時~11時30分
対象: 観光地域づくり法人(DMO)、自治体、観光関連企業、教育機関等
ウェビナー形式: WebEx Eventsと電話回線等
定員: 400名 (定員に達し次第、受付終了) 
参加費:無料
申し込み方法:下記にアクセスして必要事項を記入の上ご送信ください。
                      https://business.form-mailer.jp/fms/ced6eccb138004

主なプログラム

(9時55分頃より 聴講者向けWebex Eventsの使い方の説明(質問の仕方等)

1. 開会の挨拶 (日本語)
在大阪・神戸米国総領事館首席商務領事 ジェイ・ビッグス氏
国土交通省観光庁観光地域振興部長 村田茂樹氏 (ビデオメッセージ)
元地方創生担当大臣 衆議院議員 山本幸三氏 (ビデオメッセージ)

2. モデレーターによるオーバービュー (日本語)
セントラルフロリダ大学 ローゼン・ホスピタリティ経営学部 准教授 原忠之氏

3. 観光資源の有効活用・マーケティングの成功に不可欠な最重要事項10点(英語)
Solimar International社 CEO クリス・シーク氏

4. 持続可能な旅行業界の復活に役立つコンテンツマーケティング(英語)
GLP Films社 CEO・創業者 ロブ・ホームズ氏

5. アドベンチャー・体験型トレード従事者向け人材育成のベストプラクティス(英語)(仮)
Adventure Travel Trade Association 
商品・観光資源開発担当ディレクター グスタボ・ティモ氏
アジア担当ディレクター  ジェイク・フィニフロック氏

6. モデレーターによるまとめ (日本語)
セントラルフロリダ大学 ローゼン・ホスピタリティ経営学部 准教授 原忠之氏

7. Q&A(日本語・英語)

終了

※プレゼンター、プレゼンのタイトルや内容は変更する可能性がございますのでご了承くださいませ。

ウェビナー発表資料(令3年3月5日更新)

過去の開催内容について

第1回「日本の観光業界のV字回復・再生に向けて」
 開催日:令和2年8月20日  
 詳細:https://www.mlit.go.jp/kankocho/topics05_000311.html

第2回「コロナ禍におけるマーケティングと安定した財源確保」 
 開催日:令和2年10月20日  
 詳細:https://www.mlit.go.jp/kankocho/topics04_000144.html
このページに関するお問い合わせ
在日米国大使館商務部 
本田 mailto:tamami.honda@trade.gov
在大阪・神戸米国総領事館商務部 
瀧 mailto:hirono.taki@trade.gov
観光庁 
参事官(観光人材政策)付 藤枝、刀根 TEL:03-5253-8367
観光地域振興課 観光地域づくり法人支援室 玉那覇