国土交通省 国土交通研究政策所 Policy Research Institute for Land, Infrastructure, Transport and Tourism

サイト内検索 English
 国土交通政策研究所は、国土交通省におけるシンクタンクとして、内部部局による企画・立案機能を支援するとともに、 政策研究の場の提供や研究成果の発信を通じ、国土交通分野における政策形成に幅広く寄与することを使命としています。
  

TOP研究成果調査研究成果報告書(年度別) > 報告書概要

 ● 報告書概要


都市の特性からみた都市の定住傾向に関する調査研究

概要資料

◆要旨

 本調査では、都市への定住傾向と都市・住宅特性との関係性について整理することで、都市の持続可能性を高めるための施策を検討するための基礎資料を作成することを目的とした。
 調査結果より、医療施設や商業施設への移動利便性や通勤通学における公共交通機関分担率、空家率などといった指標と都市の人口動態が関係している可能性がある。また、住み続けたい理由には自然環境や買い物利便性 、住宅事情・家族・親戚との関係等が、住み続けたくない理由には買い物の不便さや保健・医療・福祉の不便さ、勤務地や通勤通学などの移動の不便さなどが理由として挙がる傾向にあった。ただし、本調査で整理した、日本の都市における指標と人口動態との関係性は、因果関係を分析しているものではない。  


 

◆詳細

詳細(PDF:11MB)

◆キーワード

定住、都市の人口動態、居住理由、都市モニタリングシート

◆発行

国土交通政策研究第167号/令和4年6月

◆在庫

<在庫有> (重量220g 厚さ5mm)

◆事後評価

内部評価シート(PDF:218KB)
有識者評価シート(PDF:114KB)