技術・情報

河川砂防技術研究開発公募 河川技術・流域管理分野

河川技術・流域管理分野における公募について

河川技術・流域管理分野の技術研究開発課題について、産学のもつ先端的な技術を積極的に活用し、産学官連携による技術研究開発を促進することによって河川行政における技術政策課題を解決することを目的としています。河川技術・流域管理分野では、指定型課題、提案型課題(流域課題)、提案型課題(地域課題)を公募します。

研究開発の公募を行い、応募のあった課題について、有識者で構成される河川技術評価委員会の審査を経て、研究開発を実施します。

河川砂防技術研究開発公募の進め方

令和4年度公募課題

【公募課題について】

<お知らせ> 令和4年度の公募は終了しました。

令和4年度の公募課題は以下のとおりです。

公募期間:令和3年10月1日~令和3年11月12日

指定型/提案型                           技術研究開発課題 実施期間 費用負担限度額
指定型課題※1 流出抑制対策の治水効果を推定できる流出解析・洪水流解析技術に関する研究開発 R4~R5 合計    20百万円
各年度10百万円
提案型課題
(流域課題)
                                     - R4~R5 合計    6百万円
各年度3百万円
提案型課題※1
(地域課題)※2
                                     - R4~R5 合計    4百万円
各年度2百万円

※1指定型課題と提案型課題(地域課題)の両課題に応募可能です。

※2河川技術評価委員会において中間評価結果が優良と評価された場合、2年目の費用負担限度額と増額する場合があります。

【公募実施要領及び審査書類】

令和4年度の公募実施要領及び応募様式は以下のとおりです。


技術研究開発テーマ

問い合わせ

〒100-8918
東京都千代田区霞が関二丁目一番三号
国土交通省水管理・国土保全局河川計画課河川情報企画室
河川砂防技術研究開発公募 担当 

ページの先頭に戻る