道路

道路関係データ(交通量・旅行速度・渋滞 等)

各地方の道路に対する整備効果事例や様々な状況データをご紹介します。


全国道路・街路交通情勢調査(道路交通センサス)

道路の整備計画は、地域の状況や、地域交通の現況を把握・分析し、将来に渡る交通量を予測した上で策定します。
現状の交通量は定期的に実施される全国的調査(「道路交通センサス」)などで把握します。一方、予測交通量は現状の分析を踏まえて、将来の地域の状況などを想定した上で算定するものです。
このコーナーでは、交通量の実績や道路交通センサスの概要及び交通量の予測方法等についてご紹介します。


令和3年度全国道路・街路交通情勢調査

  • 自動車起終点調査(R3OD調査) 実施中(令和3年9月~11月)

    調査票がお手元に届いた方はご協力をお願いいたします。

    ※無作為抽出調査となっており、調査票がお手元にない方は、ご回答できません。

    ※なお、Web回答に必要なID/パスワードは、最初に郵送される「お願いはがき」には記載されておりません。後日郵送される調査に回答するための封筒の中に同封されています。


    → 回答はこちらから
    → 詳細はこちらから
  • n1

平成17年度道路交通センサス

高速道路・直轄国道の渋滞損失時間

国土交通省および各高速道路会社では、道路の使われ方を的確に把握し、今後の施策に活かすため、全国の高速道路・直轄国道において、トラフィックカウンター、ETC2.0などにより、各種交通データを収集しています。

これらのデータを活用してとりまとめた交通状況を掲載します。


整備状況

道路整備の現状についてとりまとめた道路統計年報のデータを掲載しています。


道路統計年報

ページの先頭に戻る