公共交通政策

MaaS関連データ検討会

MaaS(※1)は、地域や観光地の移動手段の確保・充実や公共交通機関の維持・活性化等に資する新たなサービスとして、全国各地で取組みが始まっています。
本年3月の「都市と地方の新たなモビリティサービス懇談会」の中間とりまとめを踏まえ、MaaSの全国的な普及を前に連携するデータの範囲やそのルール、データの形式等について整理し、一定の方向性を提示することは、利用者及び事業者の双方にとって有益であるとの認識のもと、第1回MaaS関連データ検討会を令和元年9月19日に開催いたしました。

(※1)MaaS(マース)(Mobility as a Service):スマホアプリにより、地域住民や旅行者一人一人のトリップ単位での移動ニーズに対応して、複数の公共交通やそれ以外の移動サービスを最適に組み合わせて検索・予約・決済等を一括で行うサービス。

開催状況

第1回(令和元年9月19日開催)
開催案内 配布資料 議事概要

第2回(令和元年10月10日開催)
開催案内 配布資料 議事概要

第3回(令和2年1月23日開催)
開催案内 配布資料 議事概要


【新着】
第4回(令和2年3月19日開催)※書面開催
配布資料

「MaaS関連データの連携に関するガイドラインVer.1.0」を策定しました!
ガイドライン(概要) ⇒
ガイドライン(本文) ⇒ 

パンフレット     ⇒
 

お問い合わせ先

国土交通省総合政策局モビリティサービス推進課土田、小川、佐藤、長尾、大山
電話 : (03)5253-8111(内線54914、54906)
直通 :(03)5253-8980
ファックス :(03)5253-1513

ページの先頭に戻る