都市交通調査・都市計画調査

新型コロナ生活行動調査

 新型コロナウィルス感染拡大により、人々の意識、価値観が変容し、人々の生活スタイル、ビジネススタイル等が大きく変化しています。今後のまちづくりの方向性を考えるにあたり、新型コロナウィルスの影響により人々の日常的な行動がどのように変容したのかを把握することを目的とした調査を実施しています。

新型コロナ生活行動調査(令和2年8月実施)

国土交通省では、日立東大ラボと共同し、新型コロナ危機を踏まえた今後のまちづくりを検討するため、新型コロナ流行前、緊急事態宣言中、宣言解除後の3時点で、市民の日常的な行動や意識がどのように変化したのか、全国アンケート調査を実施いたしました(サンプル数約13,000)。


・速報結果
「新型コロナ流行前、緊急事態宣言中、宣言解除後の3時点で個人の24時間の使い方を把握した全国初のアンケート調査(速報) ~今後更に分析を進め、本日設置した“あり方検討会”等に活用~」
 
・集計データ
全国の都市における生活・行動の変化―新型コロナ生活行動調査概要(第2編) ―
全国の都市における生活・行動の変化―新型コロナ生活行動調査概要(第2編) ―<参考資料>
新型コロナ生活行動調査概要(第2編)集計データ
年齢階層別集計
地域別集計
テレワーク制度別/ネット環境別集計

調査データの提供について

施策検討や分析に活用いただくことを目的として、調査データの提供を行っています。
ご利用を希望される場合は、以下の手引きをご確認の上、都市局都市計画課都市計画調査室までお問い合わせください。
 
調査データ利用の手引き

お問い合わせ先

国土交通省 都市局 都市計画課 都市計画調査室
電話 :(03)5253-8111(内線32685)
直通 :(03)5253-8411

ページの先頭に戻る