ヘッドランプで迷惑する人がいます

当たり前に使用しているヘッドランプですが、マナーを守ることが眩惑防止になります。

ヘッドランプ使用の際のマナー

  1. 対向車があるときは下向き

    夜間など前照灯を点灯する際に、対向車がある場合は必ず下向きにしましょう。特にハロゲン式のヘッドランプは、運転者にとって視認性の向上に効果がありますが、対向車の運転者や歩行者に眩惑をあたえている場合があります。

  2. 霧が晴れたら消灯

    フォグランプ等は霧によって視界が十分確保できない時に使用し、霧が晴れたらすぐに消灯しましょう。

審査・リコール課のGoogle+Youtube公式アカウントです。

当サイトの更新情報やリコール届出情報、自動車を安全に使うための注意点をまとめた映像等を発信しています。