エアバッグの効果は、シートベルトを着用してこそ

エアバッグが作動した事故でも、シートベルトを着用していない場合は着用していた場合に比べ、死亡率が約8倍も高いことが報告されています。

「エアバッグ付自動車の正しい使用方法」

  1. エアバッグはあくまでも補助的な装置であり、シートベルトが不可欠です。
  2. 横や後ろからの衝突では、エアバッグの効果は期待できません。
  3. ハンドルに近づきすぎない位置で運転しましょう。
  4. エアバッグが装備されている助手席に乗車する場合には、ダッシュボードに顔を近づけたり、手足や物を乗せないでください。
  5. チャイルドシートは後部座席に取付けましょう。
  6. エアバッグが装備されている助手席で、やむを得ずチャイルドシートを使用する場合は、必ず前向きにして(後ろ向きの使用は大変危険です)、座席を一番後ろに下げて取付けてください。

シートベルト着用の場合

エアバッグとシートベルトが、乗員を事故の衝撃から守ります。

シートベルト非着用の場合

エアバッグだけでは乗員を支えることができず、激しくフロントガラスに衝突してしまいます。

チャイルドシート

助手席で後ろ向きに装着してエアバッグが作動した場合は、エアバッグが膨らむ力で突き飛ばされ、重大な傷害を負うことがあり大変危険です。

審査・リコール課のGoogle+Youtube公式アカウントです。

当サイトの更新情報やリコール届出情報、自動車を安全に使うための注意点をまとめた映像等を発信しています。