自動車のパワーウインドで首や指等を挟み込まないように注意しましょう!

パワーウインド(スイッチを操作することにより窓ガラスを電動で開閉する装置)によって、首や指等を挟み込む事故が発生しています。

パワーウインドを操作する場合には、子どもの首や指等を挟み込まないように注意すると共に子どもが操作しないように注意しましょう。また、小さな子どもを置いて車から離れないようにしましょう。

パワーウインド使用上の注意

  • パワーウインドの構造上の特性や、所有している自動車の操作方法を理解しましょう。
    • 取扱説明書の使用上の注意を再確認しましょう。
    • オート作動する窓には、挟み込み防止機能がついているものもありますが、窓ガラスを確実に閉めるため、閉めきる直前の部分では、挟み込みを検知できない領域があります。
  • 後部座席等に子どもが乗っている状況ではパワーウインドのロック機能及びチャイルドシートを必ず使用しましょう。
  • 他席のウインドの操作の前には、声かけや確認を行いましょう。

○国土交通省では自動車関係団体に対し、平成22年12月に自動車使用者等に対して注意喚起をするように協力依頼を行い、その旨をプレスリリースしております。

報道発表資料 パワーウインドの挟込みによる事故の未然防止について

審査・リコール課のGoogle+Youtube公式アカウントです。

当サイトの更新情報やリコール届出情報、自動車を安全に使うための注意点をまとめた映像等を発信しています。