安全な車社会のために

自動車の安全性を確保するためには、自動車の点検整備を行い、自動車を良好な状態に保つことがとても重要です。

自動車の不正改造

不正改造は犯罪です

● 不正改造した際の罰則等

 自動車の安全性を確保するためには不正改造をしないことが必要です。 道路運送車両法では、何人に対しても不正改造を禁止しています。違反すると、罰則もある厳しい規定です。

不正改造等の禁止

 何人も、保安基準に適合しなくなるような自動車の改造、装置の取り付け、取り外し等(不正改造行為)を行ってはいけません。これに違反した場合は6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰則が科せられます。

法律では?
道路運送車両法
第四章 道路運送車両の点検及び整備
第八章 罰則

 

整備命令

 自動車が改造によって保安基準に適合しない状態にあるとき、使用者に対し必要な整備を行うことを命じることができます。

 整備命令が発令された場合、必要な整備を行わなくてはならず、整備命令に従わない場合は車両の使用停止命令や、50万円以下の罰金の対象となります。

法律では?
道路運送車両法
第四章 道路運送車両の点検及び整備
第八章 罰則