航空

航空機の安全情報について

 このページでは、航空機の安全の確保及び安全性向上に有益な情報をご覧いただけます。
 
 
耐空性改善通報

○ 耐空性改善通報(TCD)は、航空機およびその装備品などの安全性および環境適合性
 を確保するために整備または改造作業などの作業が必要であると認めたときに、航空
 機の所有者に対して発行されます。
 
耐空性改善通報は、適用航空機の所有者(所有者から依頼があった場合には使用者ま
 たは整備担当者)に対して配布いたしますが、緊急のものを除き郵送により配布するた
 め、所有者の手元に届くまでに、発行日から1週間程度かかります。

 

 平成22年度からの発行状況については、航空安全情報管理・提供システムをご覧下さい。

 (平成21年3月23日以降の耐空性改善通報について、本文データの参照が可能です。)

 

航空機故障情報

○航空機、発動機、プロペラ、装備品、部品、救急用具等に係る故障情報を掲載しています。

 詳細については、 航空安全情報管理・提供システムをご覧ください。

 
航空安全情報

○航空安全の促進のため、航空機の安全に係る事例紹介、注意喚起、安全啓発、推奨事項を
 掲載しています。

<外国当局の安全情報 (平成29年5月15日更新)>                                           
 CASA
 AWB31-008
 2017/4/24
表題 ジャイロ計器の信頼性
適用 全ての航空機に装備された空気駆動(吸入)式のジャイロ計器(人工水平儀、定針儀、旋回計)
概要 人工水平儀、定針儀、旋回計のような回転と質量によるジャイロの特性を利用したジャイロ計器について、信頼性を向上させるための助言(機上での取扱い、運搬、取り付け、オーバーホール等)を提供するもの。
 FAA
 NM-17-10
 2017/4/13
表題 Maintenance Practice(整備の方法)
適用 ボーイング式737、747、767、777型航空機
概要 Vacuum waste tankエリアの胴体後部構造に対する腐食損傷を検出するための手順変更について知らせるもの。
 FAA
 SAFO17005
 2017/4/10
表題 Thunder Airmotive Inc社による航空機用装備品等の不適切な整備について
適用 全ての航空機
概要 FAAが2013年7月に米国Thunder Airmotive Inc社の認定を取り消したにも関わらず、その後も同社で修理・オーバーホールを行った装備品等について、FAA 8130-3フォームを発行していたもの。
 FAA
 SAFO17006
 2017/4/10
表題 市販品(COTS)または個人的に作成したチェックリストの使用に関する安全上の懸念について
適用 全ての航空機
概要 航空機製造者のPOH/AFMに含まれるチェックリストを使用する代わりに、無料のダウンロードを含む市販のチェックリストを購入したり、または独自のチェックリストを作成するリスクについて警告するもの。
 FAA
 SAFO17005
 2017/4/10
表題 Thunder Airmotive Inc社による航空機用装備品等の不適切な整備について
適用 全ての航空機
概要 FAAが2013年7月に米国Thunder Airmotive Inc社の認定を取り消したにも関わらず、その後も同社で修理・オーバーホールを行った装備品等について、FAA 8130-3フォームを発行していたもの。
 TCCA
 2017-02
 2017/3/29
表題 ハードウェアの喪失-テール・ローター・ドライブシャフト・カップリング
適用 ベル式 206A, 206B,206B-3, 206L-1, 206 L-3 AND 206L-4 HELICOPTERS
概要 テールロータドライブシャフトのフレキシブルカップリングから、ボルトやナット等の重大なハードウェアの欠落を防止するために、Bell Helicopterのメンテナンスプラクティスを厳守し、そのような不具合の可能性を低減することを推奨するもの。
 CASA
 AWB85-021
 2017/3/29
表題 使用頻度の低いピストンエンジンにおける整備の方法
適用 全ての取り付け/取り下ろしされたピストンエンジン
概要 頻繁に飛行しないピストンエンジンについて、腐食状態を効果的かつ最小限に抑えるためのメンテナンス方法を推奨するもの。
 CASA
 AWB31-009
 2017/3/28 
表題 水平位置指示器-ドライブベルトの早期の不具合
適用 Century Flight Systems Inc.製 HSIモデル番号NSD360
概要 HSIモデル番号NSD360に適合したドライブベルトについて、コンパスカードを駆動する際にベルトの擦れが生じた事例を紹介し、指示方向の喪失を引き起こす可能性があることを説明したもの。
 FAA
 NM-17-09
 2017/3/9
表題 フライトコントロールシステム
適用 ボーイング式767-200、-300、-300F及び400ER系列型
概要 インボード・スポイラー・パワーコントロールアクチュエータのメンテナンス手順の変更について、2016年11月9日付のAlert Service Bulletin 767-27A0236の実施を推奨するもの。
 EASA
 2017-02
 2017/2/28
表題 メイン・ローター・ブレードのアブレーション・ストリップの点検について
適用 MDヘリコプターズ(マクドネル・ダグラス)式369D、369E、369F、369FF、500N及び600N型
概要 メイン・ローター・ブレードのアブレーション・ストリップが剥離及び分離する懸念があるため、Helicopter Technology Company社のMandatory Service Bulletin 2100-8R3(2016年4月29日付)に基づく点検を推奨するもの。
 TCCA
 2017-01
 2017/2/22 
表題 メインローターブレードの疲労亀裂
適用 ロビンソン式R22, R22 Alpha, R22 Beta及びR22 Mariner型
概要 飛行前点検において、ロビンソン社のSafety Alert(A016-6 Main Rotor Blade Crack)によるローターブレードの損傷、亀裂の目視点検を推奨するもの。
 FAA
 CE-17-08
 2017/2/21
表題 主脚-ドラッグ・リンク・ボルト
適用 パイパー式PA-23-150、PA-23-160、PA-23-235及びPA-23-250型
概要 着陸装置のドラッグ・リンク・ボルトの疲労破壊よる主脚の破壊する耐空性に関する懸念があり、2017年1月6日付のPiper社Service Bulletin No. 1299の実施を推奨するもの。
 EASA
 2016-20R1
 2017/2/21
表題 フライト・コントロール -クルー・リソース・マネジメント- 二重及び反対の操縦入力の回避について
適用 ATR式42及び72型
概要 操縦士による二重の操作または反対の入力によって機体の故障を引き起こす可能性があり、その結果、航空事故につながることが過去の調査結果から示されていることにより、ATR社が、その処置について記載したサービスパブリケーションを参照することを推奨するもの。
 CASA
 AWB 02-058
 2017/2/8
表題 Water Washingに係るメンテナンス認可について
適用 Pratt & Whitney Canada(P&WC)PT6Aシリーズエンジンを搭載した航空機
概要 P&WC Engine specific Maintenance Manual(71-00-00 POWERPLANT CLEANING)を参照し、コンプレッサー及びタービン部の脱塩洗浄作業の実施を求めるもの。
 FAA
 SAFO17002
 2017/2/6
表題 不適切な自動従属監視放送装置(ADS-B OUT)付きATCトランスポンダの点検
適用 トランスポンダ及び自動従属監視放送装置(ADS-B OUT)付きATCトランスポンダを装備する航空機
概要 リペア・ステーション及び整備士に対して、ADS-B OUT機器付きATCトランスポンダの適切な試験手順の遵守及び以下の関連ガイダンスのレビューを推奨するもの。AC 20-151:航空機衝突防止装置(TCAS II バージョン7.0及び7.1)及び関連するモードSトランスポンダの耐空性承認、AC 43-6:高度通報装置およびトランスポンダ装置の保守点検、AC 20-165:自動従属監視放送装置の耐空性承認
 FAA
 NM-17-07
 2017/1/26
表題 装備品/設備
適用 AmSafe社製のシートベルトを装備する航空機
概要 2010年11月から2015年11月の間にAmSafe社で製造された特定のバックル・アセンブリについては、設計仕様を満足していない懸念があり、AmSafe社Service Bulletin 504443-25-02第10号(2016年2月10日付)の実施を推奨するもの。
 CASA
 AWB 00-023
 2017/1/19
表題 航空機の重量算出の準備について
適用 航空機の重量算出を行う者
概要 航空機の重量算出のための準備における書類作成の重要性について注意喚起するもので、製造者の指示または参照書類に掲載された情報に基づいて行うことを求めるもの。
 EASA
 2016-19R1
 2017/1/9
表題 モードS地上局に提供されない改良型監視パラメータについて
適用 ハネウェル社製モードSトランスポンダーモードXS-852E及びXS-852F(Communication Unitsに統合されたPrimus IIと一体化されている。)
概要 モードSトランスポンダーの装置をハネウェル・サービス・ブレティンに従い改修することを推奨するもの。
 FAA
 NM-17-06
 2017/1/6
表題 胴体:ケミカル・ミル・スキン・パネル
適用 ボーイング式737-200、-200C、-300、-400、及び-500系列型
概要 耐空性改善命令 AD2011-24-12及びAD2012-26-02に指定された胴体のスキンパネルに対するケミカル・ミル行程において、フェーズドアレイ手法による超音波非破壊検査の実施に代えて、同等な方法として承認を受けている737NDT Manual, Part 4, Section 53-30-12, dated November 1, 2016による非破壊検査の実施を推奨するもの。
 詳細は以下のリンクからご覧下さい。      
                                                                                                            
 
○安全情報サイトへのリンク
 
<米国FAA>
Special Airworthiness Information Bulletin (SAIB)
Unapproved Parts Notifications (UPN)
Safety Alerts for Operators (SAFOs)
 
<欧州EASA>
Safety Information Bulletin (SIB)
 
<カナダTCCA>
Civil Aviation Safety Alert (CASA)
 
<ブラジルANAC>
Boletim Especial de Aeronavegabilidade (Special Airworthiness Bulletin)
 
<豪州CASA>
Airworthiness Bulletin (AWB)


 ※免責事項
  本サイトで提供している安全情報の責任は発行国当局にあります。外国当局の安全情報については、
  原文を元に細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性を保証するものではないため、
  正確な内容については原文を参照していただくようお願いします。当サイトに掲載された情報の利用に
  より生じたいかなる損害に対して、航空局は一切責任を負わないものとします。

ページの先頭に戻る