公共交通政策

大都市交通センサス

印刷用ページ


 

1.調査の概要

 本調査は、昭和35年より5年毎に首都圏、中京圏、近畿圏の三大都市圏において、鉄道・バス等の大量公共交通機関の利用実態を調査することで、旅客流動量や利用状況(経路、端末交通手段、利用時間帯分布等)、乗換え施設の実態を把握するものです。

 さらに、調査の結果は、人口分布と輸送量との関係、輸送需要構造等の分析を行うことにより、三大都市圏における公共交通政策検討の基礎資料として活用されています。

 また、3年かけて、実態調査から分析までを行っております。1年目は実態調査、2年目は1年目に実施した調査結果を基に集計・分析、3年目は国勢調査の結果などと組み合わせて詳細な分析を行っています。

 ※調査の沿革や実施方法などは、こちらをご参照ください。

2.調査の結果(第12回調査結果)

 本項では、第12回(平成27年度調査)の調査結果を掲載しています。
 第11回(平成22年度調査)以前の調査については「3.過去の調査(第9回~第11回)」を参照ください。

(1)平成28年度集計結果

 平成28年度は、実態調査のデータについて、集計作業を行う予定です。
 現状では、8月時点の集計結果を速報版としてとりまとめております。

 
 今後、さらにデータ整備を進め、全ての集計結果をとりまとめた報告書、
ならびに概要を記したパンフレットを平成29年3月末までに公表する予定です。
 

3.過去の調査結果(第9回~第11回)

 本項では第9~11回(平成12~22年度調査)の調査結果を掲載しています。 
 なお、第8回調査以前につきましては、一般財団法人 運輸政策研究機構 情報資料室などで、冊子などを

ご覧下さい。

(1)第11回調査の結果(平成22年度 実態調査)

鉄道利用者の駅滞留者数(8:00)の推計【平成24年度 分析結果報告書より】

平成23年度の集計結果
 平成23年度は、実態調査のデータについて、集計作業を行いました。
 集計結果は、次のリンク先において、ご覧いただけます。

   ※  報告書の用語説明はこちら(各圏域報告書の巻末にも掲載しております。)
     ※  鉄道輸送人員データの一部修正について(平成24年5月17日修正)はこちら


 
平成24年度の分析結果
 平成24年度は、平成23年度の集計結果を基に、分析作業を行いました。
 分析結果は、次のリンク先で、ご覧いただけます。
      ※ 報告書の用語説明はこちら(報告書の巻末にも掲載しております。)

(2)第10回調査の結果(平成17年度 実態調査)

近畿圏における平均移動時間の経年変化(定期券利用者)【平成19年度 分析結果報告書より】

平成18年度の集計結果は、こちらをご覧ください。


平成19年度の分析結果は、以下をご覧ください。

    ※  概要版はこちら

(3)第9回調査の結果(平成12年度 実態調査)

第9回調査の結果はこちらをご覧ください。

お問い合わせ先

国土交通省 総合政策局 公共交通政策部 交通計画課
電話 :03-5253-8111(内線54-704、54-707)
直通 :03-5253-8275
ファックス :03-5253-1513

ページの先頭に戻る