建築

高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準に関するフォローアップ会議

建築物のバリアフリー化に関するガイドラインである「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」については、これまで、定期的に、あるいは、個別テーマに応じて検討会を設置し、見直しを進めてきたところです。(直近の改正:令和3年3月)
建築物のバリアフリーに関する取組状況や課題等を共有するとともに、「建築設計標準」を継続的に点検、改善していくため、学識経験者、関係団体と情報共有、意見交換することを目的として、標記会議を設置します。

開催状況

<第1回>

【開催概要】
・日時 : 令和3年10月1日(金)13時30分~15時30分
・開催形式 : WEB会議
・主な議事 : 国土交通省、関係省庁、地方公共団体及び業界団体のバリアフリーに関する取組み
        建築物のバリアフリー化に関する好事例・先進事例の共有
        フォローアップ会議における今後の議論の方向性

【配付資料】
議事次第
資料1 高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準に関するフォローアップ会議設置要綱
資料2 委員名簿
資料3 会議の設置主旨
資料4 バリアフリー法の概要
資料5 国土交通省住宅局におけるバリアフリーに関する取組
資料6 地方公共団体におけるバリアフリー化に関する条例等の取組
・資料7 関係省庁、地方公共団体、業界団体におけるバリアフリーに関する取組
 ・資料7-1 文部科学省における学校のバリアフリー化に向けた取組
 ・資料7-2 鳥取県におけるバリアフリーに関する取組
 ・資料7-3 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会における取組
・資料8 建築物のバリアフリーに関する好事例・先進事例の共有
 ・資料8-1 SAGAサンライズパーク(佐賀県総合運動場等)整備事業の取組
資料9 フォローアップ会議における今後の議論の方向性(案)

追加意見提出様式

参考資料 劇場・音楽堂等アクセシビリティ・ガイドブック(令和2年3月/公益社団法人 全国公立文化施設協会)

【議事要旨】
議事要旨

ページの先頭に戻る