港湾

外来トレーラーの自働化実証事業

実施場所の選定結果

 近年、コンテナターミナルのゲート前での外来トレーラーの待機時間が長時間化し、ドライバーの海コン離れやコンテナ輸送力の減少が問題となっています。
 こうした状況を踏まえ、国土交通省では、ドライバーの労働環境の改善を図り、コンテナ輸送力を維持するため、港湾において自働運転トレーラーの導入環境を整備することを目的として、外来トレーラーの自働走行に係る実証事業を行います。このため、令和2年4月1日(水)から4月30日(木)まで、本実証事業の実施場所について、公募を行いました。
 今般、応募があった実施場所について、応募の要件を満たしていることや地元の関係者の協力の程度等の観点から厳正なる審議を行い、以下の実施場所を採択しました。

応募者:横浜市港湾局
港湾名・地区名・ターミナル名:横浜港南本牧ふ頭地区MC1、MC2ターミナル

その他、募集要領等の関連資料につきましては、以下の国土交通省HPをご参照下さい。
(URL:https://www.mlit.go.jp/kowan/kowan_tk2_000038.html

お問い合わせ先

国土交通省港湾局港湾経済課港湾物流戦略室門井、中村、高橋
電話 :03-5253-8111(内線46854, 46643, 46855)
直通 :03-5253-8628
ファックス :03-5253-8937
  • 港湾海洋沿岸域情報提供センター
  • 港湾の施設の技術上の基準について
  • 港湾地域強震観測
  • 参加者の有無を確認する公募手続
  • あなたの町のハザードマップ
  • 全国波浪観測情報ナウファスリアルタイム
  • 風力発電(全国港湾風況マップ)
  • 海の環境情報
  • 海・遊・学!
  • 臨海部土地情報~みなとの土地情報~

ページの先頭に戻る