海事

連携型省エネ船の開発・普及に向けた検討会

 我が国では2050年カーボンニュートラルに向けて、あらゆる分野において、これまで以上に省エネ・省CO2に向けた取組の強化を図っているところです。内航海運分野においても、昨年末に公表した「内航カーボンニュートラル推進に向けた検討会」のとりまとめにおいて、船舶における「更なる省エネの追求」を柱の一つとして掲げ、荷主等とも連携して省エネ・省CO2をさらに高度化した「連携型省エネ船」の開発・普及を進めることとしています。このような背景から、「連携型省エネ船開発・普及に向けた検討会」を設置し、連携型省エネ船のコンセプトの検討・代表的なモデル船の開発を行います。
 

開催状況

第1回検討会
日時:6月6日(月)15:30~17:30
場所:AP虎ノ門11階会議室B(WEB併用)

議 事:
 議題1   内航CN 検討会とりまとめ及び本検討会の開催趣旨
 議題2   連携型省エネ船のコンセプト検討の方向性
 議題3   連携型省エネ船のモデル船開発の対象船種等について
 議題4   その他

配付資料:
 議事次第   議事次第
 委員名簿   委員名簿
 資料[1]   内航CN検討会とりまとめについて
 資料[2]   連携型省エネ船開発・普及に向けた検討会の開催について
 資料[3-1]  連携型省エネ船のコンセプト評価の方向性(非公表)
 資料[3-2]  連携型省エネ船のコンセプトの整理イメージ(非公表)
 資料[3-2参考]連携型省エネ船のコンセプト一覧イメージ案(非公表)
 資料[3-3]  連携型省エネ船のコンセプト検討の方向性 検討の要点(非公表)
 資料[4]   省エネ船型の活用に向けた課題と対応について(非公表)
 資料[5]   連携型省エネ船のモデル船開発の対象船種・大きさについて
 資料[6]   連携型省エネ船開発・普及に向けた検討会 全体スケジュール(非公表)

議事概要:
 第一回連携型省エネ船開発・普及に向けた検討会 議事概要

お問い合わせ先

国土交通省海事局 海洋・環境政策課宮岡、齊藤、繁永
電話 :03-5253-8111(内線43-952、43-934、43-937)
直通 :03-5253-8614
ファックス :03-5253-1644

ページの先頭に戻る