道路

バリアフリー法に基づく道路移動等円滑化基準、道路の移動等円滑化に関するガイドライン

バリアフリー法に基づき、特定道路又は旅客特定車両停留施設の新設又は改築の場合は適合対象義務、その他の道路においては努力義務となる「移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める省令」(平成18年12月国土交通省令第16号)(以下、道路移動等円滑化基準)を規定しています。

道路の移動等円滑化に関するガイドライン

道路管理者が道路施設等を新設、改築及び管理する際に、バリアフリー法や道路移動等円滑化基準に加えて、高齢者、障害者等をはじめとした全ての人が利用しやすいユニバーサルデザインによる道路空間のあり方について、具体的に示した目安となる「道路の移動等円滑化に関するガイドライン」を作成しました。

全体版

道路の移動等円滑化に関するガイドライン

PDFPDF形式

分割版

  • 表紙・目次

PDFPDF形式

  • 第1部 道路の移動等円滑化に関するガイドラインの活用と基本的な考え方

    1章 歩道等及び自転車歩行者専用道路等

    2章 道路計画及び移動等円滑化に関する連携協力や当事者参加の考え方

PDFPDF形式

  • 第2部 道路の構造及び旅客特定車両停留施設を使用した役務の提供

    1章 歩道等及び自転車歩行者専用道路等

    PDFPDF形式

    2章 立体横断施設

    PDFPDF形式

    3章 乗合自動車停留所

    PDFPDF形式

    4章 路面電車停留場等

    PDFPDF形式

    5章 自動車駐車場

    PDFPDF形式

    6章 旅客特定車両停留施設

    PDFPDF形式

    7章 その他の施設等

    PDFPDF形式

概要版

道路の移動等円滑化に関するガイドライン(概要版)

PDFPDF形式

道路空間のユニバーサルデザインを考える懇談会

バリアフリー法の改正に伴い、道路移動等円滑化基準や基準のガイドライン策定など道路空間のユニバーサルデザイン推進に関する検討を行っております。懇談会についての詳細はこちらをご覧ください。

ページの先頭に戻る